FC2ブログ

東村山自粉肉汁うどん・中盛・あつ(800円)+紅生姜天(120円)@東村山・野口製麺所

2019-11-16
東村山〜所沢あたりでランチ。
やはりこのあたりに来たらうどんだよね!ということで、近辺在住の友人に「旨いよ」と教えてもらった「野口製麺所」さん。
実はこちら、讃岐うどんのお店だったのが、武蔵野うどんも打つようになったお店なんだとか。

休日13:40到着。
お店の裏に駐車スペースがあるので、車を置いて店内へ。
店内は狭め。相席前提の大テーブル、小上がり、そして讃岐うどんの本場を思わせる屋外テーブルが複数。そして混んでます。

小上がりのテーブルに着席し。メニューを確認。
スタミナ、チーズ釜玉、カレー等の変わり種もあるけど、やはり武蔵野うどんで初訪なら肉汁でしょ。しかも「東村山自粉使用」ってのがいいね!
注文を取りに来たお姉さんに肉汁うどんをオーダーすると「熱いのと冷たいのが選べる」ということだったので、つゆの温度のことと勘違いし「熱いので」とオーダー。
天ぷらとおでんはセルフで自己申告とのことなので、早速揚げ物ケースへ。おっ、紅生姜天は路麺店ではおなじみですが、こういうお店で見るのは珍しいですね。ではそれで。

NOGUCHI SEIMENJO

15分ほどで着丼。
あー。。。「あつ」はあつもりのことでしたかorz
まぁ、よく考えてみりゃ肉汁うどんで汁が冷たいってありえないよね。。。よく見りゃメニューにも書いてあるし。なんという凡ミス。

NOGUCHI SEIMENJO

うどんはアッツアツ。他メニューとは異なり、東村山の地粉を使っているそうです。おそらく全粒粉と思われ、挽きぐるみ的なやつの姿もちらほら。形状は極太の平打。
一口頬張ると、あつもりなこともあり、よりブワッと粉の香りが鼻に抜けますね~。

NOGUCHI SEIMENJO

モチモチのやや粘り気の強い歯ごたえは独特です。これは〆た状態でも食べてみたいなぁ。。
麺量は中盛で茹で後300g。連食中だったので中にしましたが、男性がガッツリ食べたい場合は大以上がおすすめかな。

NOGUCHI SEIMENJO

お汁は、器を持つと火傷しそうなくらいアツアツ。醤油がキリッと効いた味わい。
肉汁うどんと言えば豚バラ、お揚げ、ネギだけという潔いお店もありますが、こちらはそれらに加えキノコや大根、ニンジン等がたっぷり入ってる分野菜の甘みも出ており、けんちん汁的な旨さありますね。こりゃ旨い!

NOGUCHI SEIMENJO

武蔵野うどんのお約束「かて」は小松菜の茎に近い部分が3本くらいでちょっとさみしい。薬味はネギ、生姜が付きます。
紅生姜天は、刻み紅生姜をガッチリ固めに挙げてあり、なかなかに食べごたえあります。お汁に沈めるとせっかくのけんちん風味がガラリと変わってしまうので、ちょい付けで別に食べる方がいい感じ。

NOGUCHI SEIMENJO

ということで、サクッといただきごちそうさま。
全体的に「ばあちゃんち感」あるほんわかした雰囲気と、ワイルドなうどんが魅力なお店ですね。
唯一失敗したのはあつもりにしてしまったこと。。。まぁでも粉の味わいがよりはっきり味わえたからよしとするか。
再訪は確実!ここは全メニュー制覇したいかも。

--

野口製麺所


関連ランキング:うどん | 東村山駅西武園駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3410-217d92d9

<< topページへこのページの先頭へ >>