FC2ブログ

豚バラ鶏皮ハーフ丼(670円)@大森海岸・串焼き勝

2019-11-06
大森でランチ。
大森海岸で京急電車を降り、さてどこで食おうかと一歩踏み出した瞬間。。。城南路麺の名店「甲斐そば」さんのビルの半地下、昔つけ麺の「幸虎」、その後系列の丼物店「幸丼」が入っていた物件に新店が入っているのを発見。
というか、ちょっと前に串焼き屋がオープンし夜のみ営業しているのは知っていたのですが、最近ランチも始めたみたいですね。
店頭のPOPを見ると、豚丼と鶏皮丼を提供している模様。しかも単品だとワンコインですか。
ではお手並み拝見、と店内へ。

MASARU

12:50到着。前客1,後客0。カウンターへ着席。
カウンターには灰皿があったのでランチタイム喫煙可っぽいです。ただ喫煙者はおらずセーフ。
メニューを見ると、どちらもワンコインの豚丼と鶏皮丼のシンプルな二本立て。オプションは大盛と温玉のみ。
あと、豚と鶏、どちらも食べたい!という客向けに「ハーフ&ハーフ」があるようです。
半分づつ盛るんだったら値段は同じ500円だろ、と思いますが、なぜか670円ですか。。理由はわかりませんが、まぁいいや、それお願いします。

MASARU

厨房は見えませんが、ジュージューとフライパンで肉を焼く音が聞こえ、5分ほどで着丼。
丼にカサッと盛られたライスの上には、薄切りのバラ肉が5枚、鶏皮は一口サイズの小さなものが10個程度か。上には申し訳程度の刻み海苔とネギ。。。ちょっとイヤな予感。

MASARU

まぁ味が良ければ全てよし、と肉からパクリ。
豚バラは薄く固め。ここまで豚肉の風味が感じられない肉も珍しいな。。。フライパンで炒められているためか、焼きの香ばしさ等もなく完全に家庭料理レベル。串焼き屋なら火の扱いはうまいと思ったけど、炭火で焼いてるわけでもないか。。。

MASARU


鶏皮はブヨブヨのやつ。味が濃いのでご飯は進みますが、焼鳥屋の鶏皮のように表面サクパリッ、中から鶏油がジュワー!ってやつでは当然なく、冷凍焼鳥みたいな安っぽい食感。こちらも香ばしさ、鶏油の旨味が感じられません。

MASARU

タレは両者共通で、旨味控えめでしょっぱさが際立つもの。汁だくなのでご飯がベチャッと。。しょっぺー。
ご飯は丼ものとしては少なめで180~200g程度かな。大盛が80円と安いので、男子なら大盛推奨かも。

MASARU

というかこの手の店だったら、80円とかケチ臭く刻まないで、気前よく大盛無料にした方が訴求力上がると思いますね。炊き具合は固めです。
味噌汁はあっさりめの味噌。出汁は効いてます。具は油揚げ、ワカメ、ネギの青い部分。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
新店ということで期待しましたが、客ナメてるでしょ?いや言い過ぎた、正直もうちょっとがんばらないと厳しいんじゃないですかね?という感想。
まだ周囲に認知されてないのかもしれないけど、客入りが全てを物語っている気がします。これなら「幸丼」の方が全然ちゃんとしてたわ。

確かに、界隈のランチ平均値よりは安いけれど、これなら牛丼チェーンの方が満足度高いかなぁ。そして何より、同ビル2Fには超絶優良路麺店「甲斐そば」さんがありますしね。。
豚丼ではないけれど、2Fで牛丼セット(520円)やカツ丼セット(600円)をいただいた方が遥かに満足度高いと思います。
ちなみに個人的なオススメは牛とじ丼セット(520円)。。おっと甲斐そばの宣伝マンになってしまったw


--

串焼き勝


関連ランキング:焼きとん | 大森海岸駅大森駅平和島駅


関連記事
tag : 大森 豚丼
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3395-66cd1214

<< topページへこのページの先頭へ >>