FC2ブログ

蛤SOBA(1000円)@銀座・むぎとオリーブ

2019-11-03
銀座で晩飯。
GINZA SIXの裏、今や「ラーメンストリート」と呼んで差し支えない、インバウンドの行列が常に絶えないラーメン屋が密集した通りを通ると、おっ、じゃんがらと油そばには行列があるけど、「むぎオリ」には行列なし!
むぎオリ、オープン時に話題になった時に行き損ね、実は未訪問だったんですよね。ではこのタイミングで入ってみますか。

平日19:20到着。店内は6割ほどの入り。客席は逆L字型カウンターのみ。店内は最近のラ店っぽく、明るくウッディで清潔。
貝系のスープが飲みたかったので、券売機で「蛤SOBA」をポチし着席。
もともとそこそこ高めの価格設定のお店でしたが、増税でついにデフォルトが大台乗りましたか。。。

MUGI TO OLIVE

食券を渡し5分ほどで着丼。
ほぉ。。鶏油のいい香り!濃い色合いのムラサキなスープの上には厚めの鶏油層。
その上には蛤、鶏チャー、三つ葉、山芋の素揚げ、紅白細ナルト、海苔。

MUGI TO OLIVE

ではスープを一口。
なるほど、ベースは丸鶏?そこに蛤の渋みがいい感じに効いていて、後味のギュッと引き締まる感覚がかなりうまい!
生醤油っぽいタレの風味のよさもストレートに感じられ、鶏油の風味の豊かさもあって、まぁ手堅く最近流行りの味に落としてきたな、といった感じ。個人的にはここにしじみの風味が加わると最高かも?

MUGI TO OLIVE

店名に「オリーブ」の文字がある通り、卓上にはオリーブオイルとエシャロットを使った香味油が。入れてみると華やかな香りになり雰囲気変わりますね。ただ元々鶏油が入ってるので、入れすぎるとオイリーに。

MUGI TO OLIVE

麺はざっくりした食感の細ストレート。京都の麺屋棣鄂のものだそう。
風味よく、スープの絡みもばっちり。麺量は150gくらいかな。

MUGI TO OLIVE

チャーシューはややパサの低温調理鶏ムネ。熱入れすぎですね。もうちょっとしっとり仕上げてほしいところ。
山芋の素揚げはサクッとしてて面白いですね。紅白の水引のようなナルトは日本っぽくてなかなかおしゃれな彩り。
三つ葉はかなりたっぷり入っており、この和風スープの味わいと抜群に合います。
蛤は、出汁は好きだけど身は苦手なので相方の丼に留学。海苔は香りよいもの。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
目新しさこそないけど、和風ラーメンとしてセンスのいい落とし所に落とした完成度の高い一杯でしたね。さすがビブグルマン選出店。これならインバウンドにも自信を持っておすすめできますな。ちと高いけど。
次回は油そばにしてみよう。


--

むぎとオリーブ 銀座店


関連ランキング:ラーメン | 東銀座駅銀座駅築地市場駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3392-2287340b

<< topページへこのページの先頭へ >>