FC2ブログ

味噌らーめん(850円)+ミニカレー(330円)@船堀・大島

2019-10-31
船堀方面にでかける用事があったので、せっかくこのあたりに来たし、と大島さんへ寄り道。
こちら、札幌味噌ラーメンを代表するお店といっても過言ではない「すみれ」の関東初の暖簾分け店で、東京で味噌ラーメンを語る上で避けて通れない名店ですな(TRY本では今年から殿堂入り)。

休日13:20到着。
住宅街の中に突如、外待ち15人ほどの行列が。子供連れやグループが多く回転は遅めですね。
先に食券を買うルールのようなので、券売機で「味噌」あと腹ペコだったので「ミニカレー」をポチ。
ちなみにこちら、醤油や塩もあるのですが、滅多に来れないお店なので、どうしても毎回味噌になっちゃうんだよなぁ。。

30分ほどで店内へ。
ニンニクのいい香りが立ち込めておりテンションあがりますね!
まもなくテーブルに着席。先に食券を渡しておくので、着席後まもなく、カレーが先に着丼です。

OSHIMA

うん!これこれ。これぞ純すみ系と言いたくなる、厚めのラード層に覆われた茶濁の味噌スープ。
上にはチャーシュー、クタクタのモヤシとタマネギ、メンマ、ネギ、おろし生姜。

OSHIMA

ではスープを一口。
純すみ系の特徴として、デフォルトではラードの膜で湯気が立っていないんだけど、レンゲを入れるとブワッと湯気が立ちます。

OSHIMA

一口飲んでみると。。やっぱり熱ッ!あぶなく口の中の皮がベロベロになるところでしたw
ベースの動物系はそれほど主張せず、焼いた味噌の香ばしさとニンニクや生姜の香味野菜の香り、そしてラードのパンチある口当たりで牽引する味わい。そうそうこれこれ!って感じです。ヘヴィだけど超うめ~!塩梅はかなり強めです。

OSHIMA

麺は森住製麺の中細縮れ。
黄色いプリプリの玉子麺で、札幌味噌と言えばこれですね。麺量は150程度か。スープの絡みはばっちり。

OSHIMA

チャーシューは思ったより厚めのロース煮豚スライス。ホロリとほどける柔らかさ。
また、クタクタのモヤシと甘いタマネギもいいですねぇ。生のおろし生姜は、フレッシュなパンチを加えてくれます。
味噌というと一味や七味での味変が定番というイメージでしたが、黒胡椒を入れてみたらキリッとハイが引き締まりこれもいいね!

OSHIMA

ミニカレーのルウは、ラーメンスープをベースに作られたそうで、確かに単に固形ルウを溶かしたものとは異なり、ベースの旨味がちゃんと感じられるような。

OSHIMA

具はチャーシューの切れ端かな?がゴロゴロ。ライスの量は150g程度。
きちんと旨いサイドメニューだけど、個人的には味噌スープののパンチがありすぎるので、このサイドは白飯が一番合うのかも?
このカレーは、醤油や塩のサイドにはちょうといいかもしれません。

ということで、瞬時に完食。大満足でごちそうさま。
すみれの味噌ラーメンを食べたのは確か、ラーメン博物館が初体験だった気がします。あの時の旨さの衝撃ったらなかったなぁ(もちろん口の中大やけどでしたw)。そして、その味が東京でもこうやって楽しめることに感謝。
ちなみに純連は馬場や恵比寿に支店があったのですが、独立経営?となって屋号が変わってから全く話題に上らなくなりましたね~。久々にチェックに行ってみようかな。

--

大島


関連ランキング:ラーメン | 船堀駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3385-2635de88

<< topページへこのページの先頭へ >>