FC2ブログ

中華そば(520円)@梅田・カドヤ食堂

2019-10-19
大阪からお江戸に帰る前、お土産にイカ焼きを買いがてら軽く一杯食べておくか、と阪神百貨店地下のスナパーへ寄り道。
昔に比べてイカ焼き屋遠くなったよなぁ。。とか思いつつ休日17:30到着。

こちら、阪神百貨店地下食品売場の延長にあるイートイン的なフロアで、屋台的な店舗でオーダーしたものを共有スペースで飲食できるような場所。そんな中に、なんと大阪を代表する中華そばのお店「カドヤ」さんが出店しているというのです。
本店では数回食べたことがありますが、本店とはメニューが違うということで、こちらも来てみたかったんですよね。

お店の前には数名の待ちができていましたが、ラーメンを受け取ったらおのおのテーブルへ散っていくのでそれほど待たされることはありません。ちなみに共有スペースは立ち食いカウンターが中心。
デフォの中華をオーダー。まもなく丼が渡されセルフ着丼です。以前はワンコインだったのですが、増税で+20円値上げされた模様。

KADOYA

なるほど、「ザ・中華そば」って感じのシンプルなルックス。
濃いムラサキの醤油スープの中には細麺が畳まれ、上にはチャーシュー、海苔、ネギ、メンマ。

KADOYA

では、火傷するほどアツアツのスープを一口。レンゲはないので丼を持ってズズズ。
なるほど、カドヤ本店のスープとは違い、甘口のカエシとライトな鶏スープ、そこに魚粉かな?お手軽に和風な雰囲気に仕上げたものですね。油は結構厚めで飲みごたえを演出。

KADOYA

まぁ値段が値段なので本店に比べかなりコストカットしているのはよくわかりますが、なかなかどうして、飲んだ後に「夜鳴きそば」として食べたら感動するだろうなぁ、というクオリティ。

KADOYA

麺は稲庭の乾麺でしたっけ?
やや平べったい細麺で、稲庭うどん的なチュルチュルスベスベした独特の食感。
ややにゅうめんみたいな感じで、これまた飲みの締めに完璧なやつw

KADOYA

チャーシューはバラ煮豚スライスが2枚。しっかり煮込んだクラシカルなやつで、赤身はパサッとした硬いやつです。でもこの値段で2枚乗るのは素晴らしい。
海苔は細めのもの。香りは普通かな?メンマがほとんど無味で水臭い香りがしたのはちょい残念。

サクッといただきごちそうさま。
そうですね、まぁ、ガチンコのラーメン屋で食べる一杯と比べるものではないでしょうし、駅そばよりちょっと高い値段でこれだけ洗練された中華そばが食べられれば十分満足です。
まぁでも、カドヤ本店の旨さはこんなもんじゃない(スナパーがジムだとしたら本店はガンダムw)ので、こちらでカドヤを知った方はぜひ本店に行ってみてほしいですね。

--

カドヤ食堂 阪神梅田店


関連ランキング:ラーメン | 東梅田駅梅田駅(阪神)梅田駅(大阪メトロ)


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3368-a6f0b5a1

<< topページへこのページの先頭へ >>