FC2ブログ

豚生姜焼き定食・玄米(1500円)@東京・musmus

2019-09-30
東京駅近でランチ。
今日は家族連れだったこともあり、新丸ビルのレストランフロアへ。

ちなみに、丸の内にある三菱地所系ビルのほぼ全ての店舗で使えるポイントカード「丸の内カード」」があると、丸の内エリアの地下駐車場が1時間無料になります。チャチャッと食事や買い物をするならこれで十分。
そして、3000円分飲食or買い物をすればさらに1時間無料となるので、天下の東京駅前と言え、実は家族で車で来てゆっくり食事ができるスポットだったりします(八重洲グランルーフも3000円利用で2時間無料なので結構使える)。

まぁ、そんな貧乏くさい話は置いといて、今日は和定食な気分だったので、相方ご推薦のmusmusさん。
休日13:20到着。店内は2/3ほどの入り。すぐにテーブル席に案内されました。窓が大きく明るい店内は気持ちいいですな。
メニューは庶民的な和定食。ベタベタですが生姜焼きに心が惹かれ、生姜焼きで。
#平日ランチで1人メシしている内容と変わらないじゃないかというツッコミは受け付けませんw

musmus

生姜焼きで1500円!ありえない!と思う気持ちもなくはないのですが、基本界隈のレストランの休日ランチはこのくらいの価格帯が標準的なので文句は言いっこなし。
また、休日ランチは平日に比べ割高設定になる分、メインに加えて蒸し野菜(店名が「蒸す蒸す」だからねw)が付くのがポイント。

musmus

蒸し野菜と香の物は先に出てくるので、卓上のゴマ塩をかけていただくと、根菜の甘味がよくわかりなかなか旨い。
小鉢は大豆の煮ものときんぴらごぼう、野沢菜。血糖値をゆっくり上げて行きましょう的な感じですな。

musmus

蒸し野菜をムシャムシャ食べてベジファーストしていると、10分ほどでメインとご飯、味噌汁が着皿。

musmus

生姜焼きは、脂身多めなバラ肉の薄切りをカリッと炒め、ラストに生姜タレを絡めたような構成。
ボリュームは100gない程度で女子向けかな。

musmus

タレの生姜感はほどほど、醤油のキリッとした味わいと、残ったもろみの触感、麹の旨みが特徴的です。
味はかなり濃いめですが、付け合せのキャベツの千切りやポテサラとうまく中和させて食えます。

musmus

ご飯はお替り自由。
その都度玄米か白米かを聞いてくれるので、1杯目玄米、おかわりで白米という楽しみ方もできますが今回は2杯とも玄米で。
小鉢には野沢菜を刻んだ生ふりかけ的なやつもあるので、ご飯はかなり進みますねw
味噌汁は甘口の白味噌使用のもの。こちらももろみの粒がゴロゴロしているもので、優しい味わいで実に旨い。具はワカメと油揚げ。

ということで、サクッといただきごちそうさま。
田舎出身で、日々汚ねぇ店でジャンクばっか食ってる者としては、やっぱ丸ビルとかって、ちょっとこっ恥ずかしいけど華やかでアガるよねw

ボリューミィではないけど品数豊富で味もよし、まぁ雰囲気代(と駐車場代w)もコミコミと考えたら、たまにはこういう食事も悪くないですな。

--

ムスムス


関連ランキング:和食(その他) | 大手町駅東京駅二重橋前駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3342-9e4cab38

<< topページへこのページの先頭へ >>