FC2ブログ

和風実山椒柳麺(750円)@銀座・麺屋ひょっとこ銀座店

2019-09-23
銀座で遅めのランチ。
さっぱり系のラーメンで軽めにー、という気分だったので、交通会館地下にて、営業時間中は常に行列というオバケ店「ひょっとこ」さんが銀座へ出した2号店へ初訪問。

休日13:15到着。
店構えはカフェというよりはバー?っぽいシャレオツな雰囲気。外はガラス張り、店内は黒を基調としたクールな印象。客席はカウンターのみ。
ちょうど満席だったので、食券を買って店内で待つように言われます。今日の客層は欧米の方が多いですねぇ。

こちら、あのひょっとこのブランチでもあるのですが、あちらでは出していないメニューもあるんですよね。
それが「実山椒柳麺」。あのひょっとこの和風ラーメンに山椒をちらしたものですな。当然今日はそれ。

HYOTTOKO

まもなく席が空き着席。食券を出し、5分ほどで着丼です。
うん、まさにこれぞ淡麗系!といったルックス。クリアなスープに細麺がお呼び、ひょっとこ名物「意外にマッチョなチャーシュー」も健在です。あとはメンマと三つ葉、ネギ、玉子。

HYOTTOKO

ではスープを一口。
一口目で主張するのはやはり魚介。鰹出汁がギュッと詰まった味わい。鶏ガラ系も使ってるとは思うけど、あくまで魚介系のバックで旨味の下支えをする役割でしょう。三つ葉やネギとの相性も最高です。
タレは薄口醤油メインかな?こちらも出汁を最大限に活かすため、醤油感はほとんどなく塩気を加えるのみ。化学の力も併用してそうだけど、一言でいうと「豊満な和出汁」といった感じ。
「お吸い物みたいな」という形容もよく聞くけど、こんなグラマラスなお吸い物はないよねw

HYOTTOKO

実山椒は前述の通り、本店にはないオリジナル。
プチプチの山椒の実をスープに混ぜ込むと、ピリッとしたシビレがスープに加わり、こりゃ面白い!和出汁にいいアクセントを付けてくれます。これ本店でも出したらいいのに?

HYOTTOKO

麺はざっくりした低〜中加水の細ストレート。スープとの絡みも良好。
チャーシューはたおやかなスープとは対照的なワイルドで分厚いバラ煮豚一本。
最初はやや冷たいのですが、スープに浸けておくと脂身がねっとり柔らかくなり実に旨い。

HYOTTOKO

このスープだけだとラーメンとしての食べごたえは少ないのですが、このチャーシューでうまくバランス取ってると思いますね。ちょっと大阪の「人類みな麺類」のチャーシューを思い出しました。
メンマはショリッと柔らかめでいい箸休め。
玉子は半熟の半玉です。銀座でこの価格のラーメンにデフォでついてくるってのはうれしいところ。

ということで、サクッと完食。満足でごちそうさま。
ひょっとこのラーメン自体超久々に食べましたが(空いてたら食べよう!って前を通るけど常に行列なんですよね)、ここのラーメンは、一見和食っぽい演出の中にも、しっかりラーメンの要素(ある意味「ジャンクさ」)を感じるからウケるんでしょうね。
それに加え、最近流行りの山椒でビビッドに味わいを彩ることで、なかなかにインパクトのある淡麗中華そばになっていると思いました。お店の雰囲気もクールだから、インバウンドにもウケそうです。
本店ほど混まない?っぽいので、こちらの方がオススメできるかも。また来ます。

--

麺屋ひょっとこ 銀座店


関連ランキング:ラーメン | 銀座駅日比谷駅有楽町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3334-7d1ac046

<< topページへこのページの先頭へ >>