FC2ブログ

バジル冷そば(850円)@半蔵門・そばうさ

2019-09-22
オフィス近くでランチ。
涼しくなってはきたけれど、まだ冷たいそばが食いたい気分。しかし冷やしたぬきだけでは能がない。
ということで、久々にそばうさのバジルを食べに行きましょう。
こちら、いわゆる「港屋インスパイア」系のお店なのですが(港屋自体閉店してしまった現在、今後この言葉を知らない人も増えてくるんでしょうなぁ)、アレをベースに独自のアレンジを加えた創作性の高いそばを出し評価の高いお店。

平日13:50到着。店内はほぼ満室(席がないので満席ではないw)。しかし、券売機で食券を買っている間にスペースが空きました。
食券を出し、言われた番号を覚えつつ席を確保。5分ほど待ち、番号で呼ばれたらセルフ着丼です。

SOBAUSA

うん、今日はコレが食べたかったんです。
キンキンに〆られた極太そばの上には、スクランブルエッグ、レタス、ベーコン、レモン、カイワレ、白ごま。そばとしてはかなりぶっ飛んでますよねw

SOBAUSA

そして、辛汁の表面にはたっぷりのバジル、そしてミニトマト。こちらもエキセントリック!

SOBAUSA

ではまずそばから。
そばは、ゴワッとコシが強い独特の歯ざわり。蕎麦の香りはないですが、中華麺ともまた違ったガッチリした食感。このコシはタピオカ入りなんだとか。麺量は茹で後400程度で男性でも満足のボリューム感あります。

SOBAUSA

そして、そのそばを浸ける蕎麦汁の個性がこのメニューの白眉。
ベースはかなり甘みの強い辛汁ですが、表面にたっぷりと生バジルのペースト入りのオイルを貼っており、一口口に含めはブワッとフレッシュなバジルの香りが口に広がります。
久しぶりに食べたからか、以前食べた時よりもバジルの青臭さがガツンと出る攻めた仕様に感じ、こりゃこの季節にはたまらない爽快感です。
和食の発想だと、大葉とかでこれをやるパターンもありそうだけど、敢えてバジルってのが斬新。

SOBAUSA

では、そばを浸けてズズズ。
蕎麦汁っぽさよりバジル汁っぽさの方が強いので、いわゆる日本蕎麦の延長にある変わりそば(蕎麦に何かを練り込んだもの)とは全く異なる、蕎麦とは全く違う麺料理になっている感あります。ミニトマトの酸味もより清涼感をアップさせてくれますね。

途中から、そばと半熟スクランブルエッグ、レタス、ベーコンも混ぜて食べ進みましょう。
バジルの青臭さをいい感じに丸め込んでくれるのがスクランブルエッグの甘み。かなりぶっ飛んだトッピングですが、きちんと役割が与えられていることがすごい設計センス。シャキシャキレタスの食感、ベーコンの塩気もいいアクセントに。
後半になってくると、表面のバジルがほぼなくなり、甘辛い蕎麦汁の表情に戻ってきます。これもまた計算なのかな?ラストはここにトロンとした蕎麦湯を入れ飲み干しごちそうさま。

SOBAUSA

やぁ、このお店がオープン間もない頃これを初めて食べてぶっとびましたが、毎回驚きがある「すげぇ」メニューだと思います。
しかも単なる飛び道具じゃなく「またアレが食べたい」と思ってしまう中毒性があり、かつそんな気分になったらこの店に来るしかないという唯一性。。いやはや、店主さん天才かよ。
常時レギュラーメニューのみの提供なので、季節限定メニューとかもやってくれるとファンとしてはうれしいんだけど。。。まぁこの堅実さもこの店の良さか。またお世話になります。

--

そばうさ


関連ランキング:立ち食いそば | 半蔵門駅麹町駅永田町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3333-f30bd472

<< topページへこのページの先頭へ >>