FC2ブログ

シークヮーサーつけ麺・そのまま(900円)+ニンニクタレ生たまご(100円)@相模大野・ラーメン二郎 相模大野店

2019-08-25
飲みのお誘いがあり、はるばるやってきました相模大野
二郎好き的には、相模大野と言えばスモジの街!ということで早めに現地入りし、スモジで一杯食べていくことに。

休日14:15到着。店内満席、中待ち2。
店内には結構細かめの注意書き。BGMもなく、響き渡るのはコールとひたすら客が麺を啜る音のみ。。スモジは2度目ですが、やはり独特の緊張感ありますねw
並んでいる際「食券見せてください」と言われることもあるので、行列の前の方に来たら先に食券を買っておくのがいいみたい。

SAGAMI ONO JIRO

スモジの夏の風物詩といえば「シークァーサーつけ麺」それから「賄い」と呼ばれる汁なし。それと、券売機のボタンを見ると「梅風味つけ麺」ってのもあるぞ。。。迷う。
16秒ほど迷いましたが、酷暑の中駅から歩いてきたこともあり、つけ麺で。今日の気分は梅より柑橘かな?ということでシークァーサーをポチ。あと他店では見たことがない「ニンニクタレ生玉子」もポチ。

5分ほど待ったところで席が空き着席。まもなく麺切れ閉店となりました。あぶねぇ~。。
オペレーションは店主さん含め3名。10分ほどで「つけ麺の方?」とコールタイム。
この後飲み会だからヤサイマシはやめておくか、あとシークァーサーの味わいをダイレクトに楽しみたいので、ニンニクは抜いてみようか。。ということで「そのまま」コール。まもなく着丼。

SAGAMI ONO JIRO

ほぉ。。見た目的にはシークァーサーだから何か変わるわけではなく、いつもの二郎のつけ麺な感じ。
ノーコールなのでニンニクはなし、ヤサイと豚は全てつけ汁側に入るタイプですね。麺はしっかりボリューミィ。

SAGAMI ONO JIRO

では麺から一口。
水で〆たことでやや固めに仕上げられたゴワッとした極太平打ですね。
みっちりと粉が詰まった感あり、噛めば麺味がしっかり感じられ、二郎の麺じゃないみたいな麺自身の旨さありますね!
麺量は300g程度でしっかり楽しめる量。

SAGAMI ONO JIRO

ではスープ。
粘度はそれほどないものの、どっしりした乳化豚スープがベースで、カネシはそれほど尖りません。
そして、これだけでも十分旨いところに、絶妙なバランスで100%シークヮーサー果汁の酸味が!

SAGAMI ONO JIRO

一口目のインパクトというよりも、後味としてじわっと果実の酸味が残る感じで、油のしつこさがなくさっぱりした食べ終わり。こりゃむちゃくちゃ旨い!
いやぁ、やっぱ二郎系+柑橘の相性って素晴らしいですね。ここだけじゃなく野猿二郎や豚星。、そして柑橘の元祖とも言える凛、いろんなお店でやっているのもわかります。
ニンニクを入れたらニンニク味になってしまうところだったので、ニンニク抜きで正解かも。麺との絡みも十分です。

SAGAMI ONO JIRO
豚は肩ロース?ホロッと柔らかめでカネシのシミ具合もちょうどよく、さすがのクオリティ。
野菜はひとつかみ、といった感じ。まぁでもつけ麺は麺を味わう食べ物だと思ってるので、このくらいの量で十分ですな。

SAGAMI ONO JIRO


ちなみにニンニクタレ生玉子は、タレは甘口ですき焼きのタレっぽく、ニンニク感はあまりないかな?
玉子はいいやつを使っているそうで、黄身の味が濃い目です。

SAGAMI ONO JIRO

玉子とタレを溶いたものに麺を付けてすき焼き風に食べると、これはこれでなかなか旨いね。
でもこのトッピングは、どっちかというとラーメンや汁なし向きかも。

SAGAMI ONO JIRO

ということで、サクッっと完食し満足でごちそうさま。
いやぁ、スモジに来たのは5年ぶりですが、相変わらず独特の雰囲気、そして絶品の一杯、満喫しました。また来ます。

--

ラーメン二郎 相模大野店


関連ランキング:ラーメン | 相模大野駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3303-fec3add0

<< topページへこのページの先頭へ >>