FC2ブログ

冷やしまぜそば・300g・黒脂ガリマヨショウガ(850円)@市ヶ谷・用心棒市ヶ谷

2019-08-24
オフィスで残業後、軽く飯を食って帰ることに。
そういえば、市ヶ谷に千里眼系列である「用心棒」ができたんですよね。
二郎系の冷やし中華というと千里眼が有名となりましたが、個人的には用心棒冷やし中華(酢醤油系)の方が好み。あの界隈ならHS大の学生が夏休みの今なら並ばず食えるかも?ということでお店へGo!

平日19:50到着。店内満席、中待ち4。
うーむ、さすがにお盆も終わっちゃったし、そろそろ学生さんも戻ってきてるのでしょうか。客層はほぼ学生。後客続々で、外待ちも発生!
ちなみにすぐ近くに同じく行列店「大塚屋」もありますが、さすがにあちらはこの時期並びはありませんw

YOJINBOYOJINBO

この程度の並びなら許容範囲なので、券売機で冷やしまぜそば300をポチ。先行して麺を茹で始めるので、並んでいる間に麺量を申告します。
ちなみにこちらでは、できあがりのコールはニンニクショウガのみ。それ以外は食券に自分で丸を付ける一蘭方式。まぁこの方が、聞き間違いがないからいいかもですね。アブラが「脂」「赤脂(辛い)」「黒脂(マー油)」から選べるので、珍しい黒脂で。ヤサイは普通、ガリマヨも普通に○を付け提出。

10分ほどで着席。冷やしは麺を茹でて氷水で〆て、トッピングも多いので時間がかかり、着席後20分でコールタイム「ニンニクヌキ、ショウガあり」で。
二郎あるあるですが、「ニンニクなし」というと「ニンニクマシ」に聞き間違えられることが多いので、いらない場合はヌキと唱えるべし。

YOJINBO

まもなく着丼。アブラは別皿です。
うん、二郎系の冷やしっぽいビジュアルがいい感じ。水菜やトマト、卵黄のおかげでやや彩りはありますね。
麺は酢醤油タレで和えられ、上には茹でて冷やしたヤサイ。頂上には水菜、オニスラ。上からガリマヨがかけられ、麓にはミニトマト、ショウガ、青ネギ、揚げ玉、卵黄。見た目的に何か寂しい気がしたのですが気のせいでしょう(伏線)。

YOJINBO

では早速麺を引き出しズバッと頂きます。
氷水でギンギンに〆られた極太平打縮れ麺は、バッキバキでボッキボキな超剛麺!二郎系の麺の中でも最もハードな食感だと思います。

YOJINBO

で、ここに絡むのが醤油ベースの冷たいタレ。
以前本郷で食べた時は割と酢が効いていたのですが、こちらはマイルドで酸っぱさはありません。

YOJINBO

ヤサイはシャキシャキ。キャベ率は1割ほど。醤油ドレッシング的なタレとモヤシは抜群に合います。千里眼の大根サラダ風もいいけど、これも二郎系らしくて好きかな。

YOJINBO

天地返ししつつ全体を混ぜ込むと、全て冷たい丼の中の素材に醤油ダレとショウガが絡み、油っぽさがないので、かなりさっぱり夏仕様な感じ。揚げ玉と醤油ダレの組み合わせは、どことなく冷やしたぬき的な雰囲気にも。またスープがない分、卵黄のコクアップ効果が絶大。
また、ガリマヨはデフォの量だと全体的に埋没しちゃうかも。Wにもできるので、マヨ好きはW推奨かな。

YOJINBO

途中から黒脂を投入。
一口舐めてみると。。。おぉう、結構苦めの、ガーリックが焦げた風味が強めの脂といった感じ。

YOJINBO

全体に混ぜると、一気に口当たりが重くなり、これまでのさっぱり系からグッとヘヴィに、二郎系らしくなってきました。このビターな脂も悪くないですね。

麺量は300ですが、醤油ダレとマヨのハーモニーのおかげで食べるスピードは全く落ちず、途中卓上のお酢をたっぷり加えつつサクッといただき丼を上げごちそうさま。

・・・・と、ここで気づきました。
豚入ってないじゃん!!!
先人のレビューを見ると見事に豚が入っているのですが、今日周りの冷やしの丼を見渡すと全て豚レス。しかも誰も何も言わず黙々と食べている。。厨房を見ると、まぜそばやラーメンにはちゃんと豚を入れているので、豚が切れているわけでもないしオペミスって感じでもない(店主さんベテランっぽかったし)。

うーん、お値段据え置きで豚ヌキになりましたか。百歩譲って豚なしを基本とするならこの値段は高すぎでしょう。
今まで当たり前のように食ってましたが、いざ体験してみると、二郎で豚ヌキってかなり満足度落ちるんですね。。。さっきまでの高テンションはどこへやら、悶々とした気分で家路につくのでした。

(8/25追記)
お店から謝罪がありました。豚は単に入れ忘れだそうです。二郎系で豚入れ忘れって。。。直系だったら暴動起きますよ?w
ということで、今後これを食べる方は、豚も楽しめますYo!


--

用心棒 市ヶ谷飯田橋



関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅飯田橋駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3301-5c53f79c

<< topページへこのページの先頭へ >>