FC2ブログ

こく煮干そば(850円)@神田・長尾中華そば

2019-08-05
神田でランチ。
死ぬほど暑いので冷やしに逃げたくもなるけど、たまには熱い煮干スープでも。。と、いつの間に東京進出していた青森の雄「長尾」へ初訪問(そういえば、池袋駅前の石神プロデュースコーナーに期間限定で出店してたこともありましたね)。

平日13:30到着。店内満席外待ち5。皆さん暑い中行列お疲れ様です。。
後客続々で、退店時にはさらに長い行列が。うーむ、ピークを外せばいいってもんじゃないみたいです。10分ほど待って着席。
あっさり、ごぐにぼ、汁なし、こく塩は池袋で実食済みなので、今回はスタンダードな濃厚系である「こく煮干」をポチ。

NAGAO CHUKASOBA

汗だくなので、早速セルフの水をグビッ・・あれ、飲み水には浄水器通してないのかな?うーむ。
待つこと10分ほどで着丼。

NAGAO CHUKASOBA

ほぉ。。。濃いベージュの濁ったスープの表面にはキラキラの煮干粉。こりゃ旨そうだ。
トッピングはチャーシュー2種、たっぷりのネギ、メンマ。

NAGAO CHUKASOBA

スープは色の割にはサラッサラで粘度ゼロ。
一口くちに含むと、グイッと香る煮干の香ばしさ。そして、長尾の特徴なんですが、おそらく煮干由来と思われる酸味が後味をギュッと引き締めるんですよね。
醤油ダレの風味もありますが塩梅はそれほど強くなく、カエシより煮干出汁が前面に出る構成です。
おそらく動物系は使ってないのと、表面の液体油もないので、見た目の割にとてもあっさり。朝営業してくれたら朝ラーにも全然いけちゃう味わい。
もうちょっとカエシを感じたかったので、卓上の「麺タレ」をレンゲに少々とって投入。一口舐めてみると、刺身醤油的な濃口の醤油でした。

NAGAO CHUKASOBA

麺はうどんのような、加水高めの極太ストレート。ぐはっ、ピン抜けたorz
敢えて柔めに茹でてあると思うんですが、伊勢うどんか!とまでは言わないけど、プワッと柔らかな優しい歯ごたえが特徴的。
煮干系と言えばパツパツの低加水細麺というのが今の都内でのお約束ですが、これはこれで面白いなぁ。スープの引き上げもしっかりしています。
ただ、個人的な好みからいうとちと外れるか。まぁでもこれも文化ですからね。
麺の「かさ」があるせいか、麺量は比較的多めに感じました。160gくらいはあった感。

NAGAO CHUKASOBA

チャーシューはバラとロースの煮豚薄切りが1枚ずつ。ロースはちょいパサ。バラは脂身がねっとりしておい旨いです。
メンマは甘口の味付けでコリコリとした歯ごたえがいいアクセントに。あと強い煮干の風味に、ジャキジャキのネギは抜群に合いますね!

NAGAO CHUKASOBA

ということで、サクッといただきごちそうさま。
期間限定ではなく、ついにあの長尾が東京に腰を据えてくれたことにまず感謝。
他のメニューも改めて一通り制覇したいし、再訪は確実です。

--

長尾中華そば 神田店


関連ランキング:ラーメン | 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3292-95c481b7

<< topページへこのページの先頭へ >>