FC2ブログ

冷やし中華大盛(850円)@大森・煌龍軒

2019-08-04
先日初訪問し、炒め系の香ばしい醤油ラーメンをいただいた煌龍軒さんで冷やチューが始まったとのこと。
なんでも「ド直球の昭和の冷やチュー」ということで、クラシカル街中華な冷やチュー大好き人間としてはぜひ食べなくては!と、駅から汗だくになりつつ歩いてお店へ。

KIRYUKEN

平日13:00到着。前客3、後客1。
口頭で冷やし中華をお願いすると「大盛無料ですが?」とのことで当然お願いします。
「5、6分お待ちくださいねー」との断りの通り、6分ほどで着丼。

KIRYUKEN

ほぉ。。。ガラスの器が涼しげー!
麺の上には、きれいに放射状にレイアウトされた具材。細切りのチャーシュー、錦糸玉子、モヤシ、きゅうりの千切り、くし切りのトマト。上にはうずらの味玉と紅生姜、カイワレ。皿の縁には辛子。
いやぁ、王道の日本の冷やし中華といった美しいルックスは久々に見たかも。これはテンション上がるわ!
着丼時はタレがかかっておらず、「お好みでかけてください」と別のガラスの器でサーブ。お好みでっつーか、かけないと味がないと思うんですが(;´Д`)

最初にタレを味見すると、基本醤油+お酢+みりん+ゴマ油あたりの構成ですね。動物系の旨味はありません。
ツンと来る酸っぱさは控えめでゴマ油の香りが強いので、酸っぱい冷やチューが苦手な方でも食べやすいかも。
ではタレを全量かけて、軽く混ぜつついただきます。

KIRYUKEN

麺はラーメンと共通かな?ゆる縮れの中太麺。加水は高めでプリプリ。
キッチリ冷水で〆てあるので、コシが強くいい感じの歯ごたえです。麺量は大盛で200g弱程度でしょうか?

KIRYUKEN

具材として光るのは、やはりチャーシューでしょうか。
今どきのラーメン屋っぽく、ハムでお茶を濁さずレアチャーの細切りを使っているので、ムッチリした歯ごたえがなかなかユニーク。
傷みやすいトマトが3切れも入ってるのもうれしいところ。きゅうりの清涼感は、冷チューになくてはならない名役者。
ちょっと珍しいうずらの味玉は、調味液の味がしっかり黄身に染みており旨いですね。これ5個100円とかで出してくれたら、つまみにいいかも?

個人的には、酢醤油系の冷やし中華は酸っぱいのが好きなので、卓上のお酢を一回し。うん、キリッと味が締まり好みの味わいに。辛子を溶けばよりシャープな印象。
また、卓上にマヨが置いてあるのもわかってますねぇ。。冷やチューにはマヨはデフォですよね?
ドバッとかけると、タレの酸味とマヨの酸味と紅生姜の酸味がシナジーし、さらにコク深くなり抜群の旨さに。マヨラーにはたまらない!

KIRYUKEN

この日はあまりの暑さでさほど食欲がなかったんだけど、さすが冷やチュー。大盛もスルスルと食べきり、大満足でごちそうさま。

うん、敢えてこねくり回さず、王道の冷やチューを今の技術で作った姿勢は評価したいですね!
凝ったやつもいいけど、ニッポンの夏に食べたいのはこれなんだよコレ!って感じで楽しめました。冷やチュー好きとしては、できれば通年提供してほしいくらいですw
とりあえず、夏の間にまた食べに来よう。。。

--

煌龍軒 大森店


関連ランキング:ラーメン | 大森駅大森海岸駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3290-c09a523d

<< topページへこのページの先頭へ >>