FC2ブログ

大盛焼肉丼(1500円)@近江八幡・近江かね安

2019-07-03
滋賀・八日市でのフィールドワークのため、JRからガチャコン電車(近江鉄道)の乗り換え駅である近江八幡で下車。
軽く腹に何か入れておくか、と安くて旨い近江牛が食べられるという「かね安」さんへ。
スマホで場所を確認しつつ駅から徒歩。5分ほどで到着したのですですが。。。こ、この店は。。やってるのか?
精肉店に隣接するお店とのことだけど、精肉店自体やってる気配ないぞ?あーやっちまったか、代打のお店あるかなぁ。。
あれ?その隣の。。あ!?この扉?開けてみると。。こ・こ・かw

民家なんじゃないか、という扉を開けると、ちょっと暗い店内。奥には厨房に面したカウンターとテーブル数卓。
そして・・・誰もいねぇw
店内に入り「ごめんくださーい!」と声を掛けると大将が出てきました。ホッ、やってたw
16:00到着(一応通し営業のようです)。時間も時間なので前客0、後客0。カウンターへ着席。

KANEYASU

名物は焼肉丼だそうなので、大盛でお願いします。
注文が入ると、大将はタマネギを刻み始め、隣の肉屋から肉を持ってきて、フライパンでジュージューと炒める音が聞こえ、5分ほどで着丼。

KANEYASU

ほぉ。。トレイや食器の感じ的には、見た目は社食w
しかしこれ、ステーキやすき焼き用の肉を切り出す時のいわゆる「端肉」をたっぷり浸かった焼肉丼なんですね。
肉以外はシンプルにタマネギのみ、上に刻み海苔。付け合せはキムチとひじきの煮つけ。汁物はありません。

KANEYASU

では早速肉を一口。
・・・おぉう、さすが近江牛、牛の旨味がミッチリ詰まっており抜群に旨い!
肉はプリッと柔らかく、赤身と脂身が半々ほど。筋っぽい部分はないですね。脂身も甘くてたまらんなぁ。

KANEYASU

味付けは市販の焼肉のタレ?的な甘口のもので、これで普通の豚カルビとかだったらがっかりしちゃう系なんだけど、やはり素材がいいだけあって味わいは抜群ですね。ただ個人的には、できればシンプルに塩コショウで食べたかった気も。
肉はそれなりにあって、100g程度でしょうか?

KANEYASU

一方、ご飯はかなり柔めの炊きあがりでベチャ系。
うーん、丼ものなのでもうちょっと固めに炊いてもらえるとありがたかったかも。
ボリュームは大盛で250gくらいかな?

ちなみに大将はものすごく話好きらしく、写真を撮っていると「インスタとかそういうやつ?ちょっと前まで写真撮る人は一言断ってから撮ってたんやけど、最近の若い人や女の子は断り入れずにバシャバシャ撮るよねぇ、あ、撮ってもらって全然構わへんけど」「うちは一頭買いだからこれだけの質の肉をこの値段で出せるんや」「お客さんどこから来はったん?東京から!」と、俺が食べている間中、話が止まらないw。。もうちょっと味わってたべたいんだけどねぇ(;´Д`)

ということで、大将との会話にややペースを乱されつつw、サクッといただき満足でごちそうさま。
お店の雰囲気的にはかなり○○ナシュラン的な感じで、知ってなければ決して入ろうと思わないお店ですが、覚悟を決めて入ってみればなかなか満足度の高い牛肉丼が楽しめる名店(迷店?)でしたね。
他のメニューも食べてみたいので、近江八幡にまた来ることがあれば寄ってみたいです。

--

近江かね安



関連ランキング:すき焼き | 近江八幡駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3273-16eb9ef3

<< topページへこのページの先頭へ >>