FC2ブログ

きじ焼重・ご飯中盛(1000円)@銀座・鳥清

2019-06-17
最近、鶏唐揚、チキン南蛮、焼鳥丼とランチ鶏肉率が高いなぁ、と思いつつ・・今日も銀座のはずれで焼鳥ランチ。
ちなみにビル階段の登り口には「2F 鳥清」と書いてありますが、お店は3F(2.5F?)なので間違って2Fのお店に入らないようにw

平日12:15到着。
満席だったらあきらめるつもりでしたが、意外にもカウンター半分ほどの入り。しかし後客続々で、まもなく店内待ち発生です。

メニューはきじ焼重1種類なので、着席したらご飯の量を小・中・大から指定するだけ(同料金)。
まぁ爆盛系のお店ではないのは知ってますが、念の為「ご飯大って何グラムですか?」と尋ねると「感覚なんでわかんないんですよねぇ。。」と厨房のお兄さん。マニュアルではなく良心で盛ってくれてるんですな。
他のお客さん用によそったご飯を「大でこのくらいですよ!」と見せてくれたんだけど、そもそもお重の深さがよくわからない上に、上に刻み海苔をたっぷりかけた状態なので、ありがたいけど参考にならず。。。では、初回ですし中でお願いします。

肉は鶏モモ肉が使われ、焼き時間短縮のためか、モモの塊にタレを付けた状態で軽く前焼きしてあります。
焼き場の大将は客入りを見ながら、それを4つに切り分け、断面も含めて備長炭で再度焼いていくというオペレーション。
寡黙けどしっかり挨拶を欠かさない大将の他、スタッフさんは威勢のいいお兄さんとホールのお姉さん。皆さん感じいいですね。
待つこと5分ほどで着丼。

TORISEI

ほぉ、こりゃ旨そうだ。
前述の通り、ご飯の上にはたっぷりの刻み海苔。その上には、1枚のもも肉を4等分に切り分けたものが。
表面がパリッと焼かれ中はしっとり。ブロイラー的なプリプリ感はなく、地鶏に近いキュッキュと噛みしめる感が強いミッチリ詰まった肉質。臭み等は全くなく、肉の旨味が強いですね~。

TORISEI

うん、皮の焦げた風味がまたたまらん。
タレは控えめに付けて焼いてあり、鶏肉の風味を楽しめる仕様です。個人的には丼ものはもうちょっと塩気が効いてる方が好きなので、卓上のタレをかけて調整。ボリューム的には100gちょいくらいかな?山椒をかけるとバッチリハマりますね。

TORISEI

ご飯は固めに炊かれたもの。中盛はだいたい250gくらいだと思われます。
お重はそれほど深くないので、ここから大盛にしても300g程度かな?ハラペコ男子は大盛推奨ですな。

スープは鶏スープなんだけど、いわゆる鶏ガラスープの味ではなく、牛テールスープみたいな独特の旨味を感じて旨い。具は白髪ネギのみとシンプル。
香の物はキュウリのキューちゃん漬け的なもの。また、おそらく業務用だと思いますが、小鉢にマカサラが付いてくるのはうれしいところ。

ということで、サクッといただき満足でごちそうさま。
銀座のランチなんで4桁いっちゃうのは仕方ないにせよ、大盛無料なのは良心を感じますな。再訪はアリ。

--

鳥清


関連ランキング:焼き鳥 | 銀座一丁目駅京橋駅有楽町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3263-234304e8

<< topページへこのページの先頭へ >>