FC2ブログ

汐そば(750円)@蒲田・麺匠呉屋

2019-06-07
蒲田での飲みからの帰り道、ふと気づくと小腹が減ったのでちょっと寄り道w
さすがに「潤」で鬼油を食べるほど若くないし。。。ということで、その向かいに「呉屋」さんへ8年ぶりの訪問。
以前食べた時、淡麗な割に化調感が強めだった記憶があり、その次の機会がなかなかなかったんですよね。
ちなみにこちら、この激戦区で10年以上営業を続ける老舗になります。

KUREYA

休日22:35到着。店内は半分ほどの入り。後客2。女性客も多めです。
メニューは意外に豊富で、汐、醤油、味噌、海老、辛、さらにつけも。
確か前回は昼に来て「潮」を食べたのですが、今はやってないのかな?今回は「汐」をポチしカウンター席へ。

KUREYA

待つこと5分ほどで着丼。
ほぉ、「潮」は清湯でしたが、「汐」は白湯なんですね!
白濁したスープの上には、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。

KUREYA

ではスープを一口。
意外にも白濁だったスープは、香り的には淡めの鶏白湯、そこに節を中心とした魚介を合わせた感じかな?

KUREYA

塩ダレは比較的ベーシックな作り。塩角を尖らせずいい感じに素材のうまさを引き出しています。
口当たりはちょっとオイリーでピトッとした感じ。濃すぎずバランスのよい鶏魚介スープだと思います。

KUREYA

麺はざっくりした硬めの食感の中細麺。このスープによく合いますね。
麺量は140g程度か。浅草開化楼製とのこと。

KUREYA

チャーシューはバラ煮豚スライスが2枚。炙ってあり香ばしいですが、醤油ダレに漬け込んだ味付けのため、塩スープの中だと若干浮きますな。
メンマは柔らかめでスープとよく馴染むもので、いい箸休め。ネギはシャッキリした青ネギ。海苔は香りよいものです。

ということで、スルッといただきごちそうさまでした。
うん、飲みの〆にはバッチリはまる、ちょうどいい濃度の一杯でしたね。個人的には「潮」より「汐」が好みかも。
他メニューも俄然気になってきたので、今度は間を開けずにまた利用してみたいと思います。

--

麺匠 呉屋


関連ランキング:ラーメン | 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3254-80dda703

<< topページへこのページの先頭へ >>