FC2ブログ

鶏唐揚げ定食(900円)@赤坂・雛どり

2019-05-17
赤坂でランチ。
赤坂三大唐揚げランチ」を制覇・比較してみようと、今日は「雛どり」さん。

平日13:20到着。ビル地下のお店なので薄暗い階段を降りて入るのは「鳥酎」さんと一緒ですね。
前客5、後客0でまもなく暖簾が下りました。もっと混んでいる予想だったんだけど、意外に空いてて拍子抜け。

こちら、ホールのお姐さんが結構強烈キャラということで覚悟して店内へ。
入店したらまずコートを脱いで入り口のハンガーにかけ、お姐さんに1人であることを告げ、「ご注文は?」「唐揚げでお願いします」と先にオーダー。そしてお姐さんの指示に従いテーブル席へ。よし、ここまで俺ノーミスw
もっとツンケンした方なのかと思っていましたが、当たりはちょい強いけど、全然心地よい対応です。空いてるから余裕あるのかな?
テーブル席には灰皿あり、喫煙可のようですが、誰も吸ってなくて助かった(;´Д`)

厨房からチリチリと揚げ物を揚げる音が聞こえ、7分ほどで着皿。
ほぉ。。。噂には聞いていたけど、唐揚げでかいですね!
スーパーのお惣菜の唐揚げと比べると約2~3倍のサイズ感のものが6個!
粉は小麦粉じゃなく片栗粉っぽく、白っぽい衣です。

HINADORI

では早速一口かじりつきます。
おぉう、ドピュッと肉汁が飛び出しズボンにかかったよorz
部位はモモ。しっとり柔らかな食感で、かなりジューシーですね。奥の方はちょいピンク色が残っており、余熱で仕上げる的な、かなり攻めた温度マネジメント。このプリプリジューシー感はこの温度管理から来ている模様。

HINADORI

下味は塩胡椒。特に黒胡椒がピリリと効いているのが特徴。塩気自体は割と控えめで、単品でバクバク行ける美味しい唐揚げですが、白飯がススムタイプともちょい違うかな?
個人的にはここにマヨをたっぷり付けて食べたい所(言えばもらえるようですが今回は言えず)。

HINADORI

ボリュームはかなりあり、一般的な唐揚げで言うと8~10個分くらいはあるかな。女性には結構重たいかもですね。
しかし衣がサクッと軽めで重たくないので、結構いいペースで食べることができます。
ただ、後半温度が下がってくると若干衣の脂っこさが気になる感じで、一気に飽きが来ますね~。普段は使わないレモンをかけ、味変して食べ進みましょう。
個人的には、5個でいいからあと100円安くしてもらえるとうれしいw

HINADORI

ご飯はツヤツヤでふっくらした白米がいい感じ。これはいい米、いい炊き方してると思います。
ただ、その代わりお替わりは有料(100円)。前述の通り、唐揚げが飯泥棒ではないので、1杯でちょうどいい感じだったかな。

サラダはレタスと水菜。サウザン的なドレッシングがかかっています。
小皿にはフジッコ的なゴマ昆布。唐揚げが薄味なのでいいアクセントになりますね。
味噌汁はワカメとお麩が入ったもの。割と濃い味でアツアツ。

ということで、お腹パンパンでごちそうさま。
お代を支払おうと席を立ち財布を。。。とここで凍りつく俺。まさかの、財布に万券しか入ってない(゚д゚)?
確か此方のお姐さん、細かいのを用意していかないとガチで怒られるとの情報があったっけ。。小銭は!小銭はないのか俺。
小銭入れをまさぐると。。やった!500円玉1枚と100円玉4枚を発見。ドヤ顔でお会計ですw
お姐さん「あら細かいの?うれしいありがとう!」ふぅ、肝を冷やしたぜ(;´Д`)

これで「赤坂三大唐揚げランチ」を制覇したわけですが、やはり唐揚げは醤油味の下味が好きなこともあり、そのコスパも含めダントツ首位は鳥酎かな?次点で此方、続くは五鉄、といった感じかな。
ただ、五鉄以外はどこも喫煙可なので、嫌煙者にとってはリスクが高いのが玉に瑕なんですよねぇ。はやく2020年にならないかな。

ちなみに赤坂は、ランチで「チキン南蛮」を提供するお店も多いんだそう。
続くターゲットは「赤坂三大チキン南蛮ランチ」かな?

--

雛どり


関連ランキング:鳥料理 | 溜池山王駅国会議事堂前駅赤坂駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3237-b71e206f

<< topページへこのページの先頭へ >>