FC2ブログ

特製ラーメン(550円)@四谷三丁目・宝来

2019-05-16
四谷三丁目でランチ。
いつも荒木町側に行ってしまうので、たまにはスコープを変えてみるか、と新宿通りの南側へ。
「四ツ谷」とは付近に4つの谷があることからできた地名。「君の名は。」の聖地ともなった須賀神社の階段等スリバチ状の地形が密集する、地形好きにはたまらないエリアです。
そんな中に、密かに「チャッチャ系」のラーメンが食べられる街中華があるらしい、とのこと。
四谷中学校の横の路地を入り、グッとスリバチの底へダイブすると。。ありました「宝来」さん。

平日13:15到着。前客1、後客1。コの字型カウンターへ着席です。
今日は大将不在らしく、麺類のみになりますがいいですか?とアナウンスあり。

HOURAIHOURAI

事前の予習によると、「ラーメン」は普通のラーメンだけど「特製ラーメン」になるとチャッチャ系になるとのこと。
では、「特製ラーメン」をお願いします。特製と言っても、なんとお値段550円!
厨房にはTシャツを来たお姉さんのソロオペ。麺茹では中華鍋+平ザルと本格的ですな。
待つこと5分で着丼。

HOURAI

なるほど。。。確かに濃い醤油スープの表面を白い背脂が覆っています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ネギ、モヤシ、ワカメとオーソドックス。

HOURAI

では早速スープを一口。
スープは、ベースはお店で取っているかもしれないけど、おそらくタレは量産品かな?甘みの強い鶏ガラスープ風の調味ダレっぽい感じがします。化調感もかなりしっかりめ。
まぁ、ガチのラーメン屋と同じ土俵で比較すべきではないのはわかってますからね。昔の食堂ラーメンって感じで、たまにはこういうのも全然悪くない。
で、ここにたっぷりの細かい背脂が加わることで、コクと甘みが爆増し一気に個性豊かに!こりゃいいね!

HOURAI

麺は中細縮れで加水高め、グミッとしたコシを持つもの。
あまり風味はない安物麺ですが茹で具合は完璧ですね。麺量は130g弱程度。

チャーシューは黒っぽく、箸で持っただけでホロホロに崩れるロースに煮豚スライス。かなり煮込まれたようで、味も抜けちゃってますw
メンマはゴリッとした薄切り。甘みの強い独特の味わいで、おそらく調理済の市販品でしょうか。
ワカメはやや頼りなげなもの。モヤシとネギはシャキシャキで、頼りない麺の食感を一気に引き上げてくれるパワーアップアイテム。
卓上にフリーのザーサイがあるので、ザーサイを入れてもいい感じ。

HOURAI

ということで、サクッといただきごちそうさま。
うーん、強いて言うなら「ホープ軒インスパイア」的な感じでしょうか?
特に背脂とモヤシ、ネギのコンビネーションが、代々木のアレを思い出させてくれますね~。そしてこれでこのお値段なら優秀でしょう。
というか、食べ終わって気づいたんだけど、丼とレンゲのロゴカッコいいね!(「ムー」っぽいw)

HOURAI

次回は鍋振り系を食べてみたいところです。

--

宝来


関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅四ツ谷駅信濃町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3236-b5b2e316

<< topページへこのページの先頭へ >>