FC2ブログ

ピザソバ(850円)+〆のリゾット(200円)@新宿・ajito ism shinjuku base

2019-05-07
大井町の孤高の名店「ajito ism」から、なんと新宿に2号店を出すと発表があったのが今年の4/1。
当然誰もが「エイプリルフールですよねぇ」と思っていたけれど、2号店のPOPはその後もずっと店内に貼られ続け。。マジか!
大井町のあの狭いお店で三浦シェフが作るからこそajitoなわけで、何より本人が多店舗展開なんて全く望んでいないと思っていたのですが、なにやら業務提携という形で、別経営にて新宿ajitoが誕生することになったんだとか。

平日しか店を開けず、しばしば売れ切れ仕舞いもある大井町ajitoは、無茶苦茶旨いけど、正直来店のハードルが高い店であることは確か。しかし新宿ajitoは、そんなハードルを軽々と取っ払う、定休日なしの通し(深夜)営業を実現とのこと。

なんだかいろいろ気になるので、とにかく行ってみよう!と新宿、小滝橋通りへ。
ビッグネームだけ挙げても、武蔵、中本、なんつ(味噌)、二郎、翔等、人気店が軒を連ねる大ラーメン激戦区です。
そんな中、「ラーメンですか?パスタですか?ajito ismです」と煌々と光る看板発見。
店内に入ると、20席近くはあるコの字型カウンターに2人がけテーブル席も多数。スタッフも3名体制。。こりゃバックに相当デカい何かを感じますw

まぁそういった話は置いといて、とにかく味がよければ正義。
休日19:40到着。連休終盤の閉店間際ということもあってか、前客1、後客0。
メニューは、ピザソバ、つけ麺ロッソ、つけ麺ペペロッソ(ロッソの辛い版)という本店のレギュラーメニューに加え、本店では秋冬のイレギュラーメニューとしてしか食べられないカルボナーらもレギュラーで提供。
また券売機を見ると、まだ販売していないものの「イレギュラー(月替り)」のボタンが!新宿ajitoもやる気ですねぇ。

sjito ism shinjuku baseIMG_5094

では「ピザソバ」と「〆のリゾット」のボタンをポチしカウンターへ。本店と同じく「アンチョビとオリーブが入りますがよろしいですか?」とヒアリング。当然OK。
リゾットの食券は、麺を完食して丼を上げる際に同時に出してくれとのこと。
ピザソバは混ぜる際かなりハネるので、紙エプロンを所望すると「切れちゃいました」とのこと。あら早めに補充してくださいね。

本店だと、ここからシェフのスピーディかつ繊細な調理をライブで見て待てるのですが、こちらの厨房は客席からほとんど見えません。
スタッフ3名は皆さんお若いですねぇ。また、まだオペレーションが習熟していないようで、三浦シェフだったら5分かからないで出てくるところ、3人がいろいろ相談しながら盛り付けるのを遠目で見つつ、10分近く待ってようやく着丼。
しかし、時間をかけて丁寧に盛り付けただけあって、大井町に勝るとも劣らない盛りの美しさ。ここらへんはajitoブランドのこだわりなのでしょう。

IMG_1038

麺には予めソースが絡めてあり、上にMIXスパイス、そしてオリーブ、サラミ、ピーマン、ダイストマト、パプリカ、刻みタマネギ、魚粉、揚げネギ、ベビーリーフとカラフル。

IMG_1041

ピザソバは「麺を食べ終わった時にソースが残らない」くらいよく混ぜて食べるのが流儀なので、右手に箸、左手にレンゲを持って全体をよく混ぜてからいただきましょう。


IMG_1047

・・・うん、大丈夫。完コピです。
三浦シェフは確か全くレシピを残さない方だったんですが、今回ついにレシピ化されたんですね。場所と水と作る人が変わっても大井町のあの味がしっかり再現できてます。

IMG_1050

ピザソバって決して「トマトまぜそば」ではなくて、粘度の高いベジ&トマト&脂のソースの味わいと、メキシコ料理的なチリ&オレガノ等のスパイスがビシッと効きつつ魚粉や揚げネギ等のラーメンちっくなトッピングと重なり合う、メリハリの効いたジャンクな味わいが特徴なんですよね。

IMG_1053

菅野製麺のコシの強い極太麺に、このネットリしたソースががっつり絡むと。。。。うん、看板の通り「パスタですか?ラーメンですか?」と言いたくなる唯一無二の味わいに。
オリーブやアンチョビといった脇役も口に入る度いいアクセントになり、何より生野菜の存在がまたいい清涼感を加えてくれます。
途中から卓上のタバスコやカレー粉を入れてもいい感じ。
そういえば、サラミは本店のものと違うかな?ややソーセージっぽさが強く感じました。あと、ソースのニンニク感が本店より控えめな気もします。

ちなみに本店のピザソバは、季節やシェフの気分で結構ソースの濃度が変わったりして、そこがまた面白いんです。
しかしこちらはレシピ化されているのでそういったブレはなく、本店の「めっちゃ濃い時」のピザソバの味わいに近いですね。
煮詰め度が高いベジソースは、かなりネットリ度が高く濃い味で、麺にぐいぐい食らいついてくるので、食感は正直かなりずっしり重ため。これは好みが分かれるかも?
個人的には、この濃い味とバランスを取るために野菜(ピーマン、玉ねぎ、パプリカ)が増せればいいかもと思いました。

IMG_1058

さて、麺を食べ終わったら、丼をカウンター上に上げて「リゾットお願いします!」
そうすると、丼にライスとソース(ソースは足してくれるので無理に残さなくても大丈夫)、チーズ、半熟卵、煮豚を加えてリターン。

IMG_1060

ご飯は100g弱くらいかな?温かいうちに混ぜるとチーズがうまく溶けるので、早めによく混ぜていただきます。
半熟玉子はレンゲで細かく割って全体に混ぜるといい感じ。

sjito ism shinjuku base

・・・うん、間違いねぇw
ajitoはやっぱここまでやって完結、ですな。

ということで、サクッといただき満足でごちそうさま。
なにより、本店とほぼ遜色のないピザソバが新宿で食べられることに感激。しかも無休、通しで深夜まで営業ですからね!
この激戦区ではまだまだ知名度が低いから今は空いていますが、メディアで取り上げられたら一気にブレイク必至だと思います。行くなら今のうち、かな?

※ちなみに5/9と5/10はオープン記念で全品(カルボ除く)ワンコインで食べられるそうです!

--

アジトイズム 新宿ベース


関連ランキング:油そば | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅


関連記事
tag : 新宿 ajito
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3228-aed48790

<< topページへこのページの先頭へ >>