FC2ブログ

淡麗鯛塩ラーメン(780円)@大森・狛龍

2019-01-30
大森で遅いランチ。
そういえば山王側のバス通り沿いに新しいラーメン屋がオープンしたとのことで、早速行ってみますか。
ちなみに蒲田の「狐狸丸」の系列で、鯛ラーメンを出すお店とのこと。

平日14:20到着。前客3、後客1。
店内は鰻の寝床的な奥に細長いレイアウトで、厨房に面したカウンター1本のみ。
券売機を見ると、鶏清湯ベースのあっさり系と、鶏白湯ベースのこってり系、さらに醤油と塩の4通りの鯛ラーメンがあるようで(つけ麺は2月から提供とのこと)。

KOMARYU

では、券売機左上のあっさり系「淡麗鯛塩」をポチし着席。
というか、店内がものすごく磯臭い、というか正直生臭い。。。床には市場から直送されたと思しき鮮魚用の発泡スチロール。これが臭うのかな?スープもこんな匂いだったらどうしよう、とやや心配に。

KOMARYU

その直後「お待たせしましたー!」と着丼。え??コート脱いで座って、まだコップに水も組んでないのに?
当然麺は都度茹でですから、鬼っ速のオペレーションですな。こりゃ急いでる時にはうれしいかも。
細身の白い丼にはクリアなスープ。その中には細麺が泳ぎます。上にはチャーシュー、メンマ、鯛のほぐし身、ネギ、カイワレ、柚子皮。

KOMARYU

ではスープを一口。
あ、こっちは全然臭くないねw
ベースの鶏清湯の旨味が広がった後にフッと鼻に抜ける鯛の香り。そして後味にじんわり鮮魚の味わいが残ります。
塩ダレはキリッとした雰囲気で全体を引き締める役割。

KOMARYU

鯛出汁のお店だと他に「灯花」で食べたことがありますが、まぁさすがにあちらには及ばず、といった量産型な味わい。無化調ではなさそうです。
これ、鯛のアラ出汁とかよりも、ほぐし身から出る風味の方が強いかもしれないですね。鯛感は強くないですが、逆に誰にでも勧められるバランスの取れた味わい。

KOMARYU

麺は三河屋製麺製の角断面細ストレート。加水はやや低めでザックリした歯ざわり。
スープとの絡みも悪くないと思います。麺量は130g程度か。

鯛のほぐし身は、スプーン一匙程度。量は少ないですが前述の通り、スープに鯛の風味を与えてくれる必須アイテムですね。早々に食べてしまうとスープに味が移らないので、最後までとっておくのが吉かな。小骨が入ってたのは玉に瑕。

KOMARYU

チャーシューはペラッペラのロース系煮豚スライスが1枚。狐狸丸と同じだとすればイベリコ豚。味わいはいいんだけど、安い焼肉屋の冷凍牛タンなみの薄さ。うーん、コストダウン感たっぷりw薄切りのメンマもやや量産型な雰囲気ですね。
柚子皮は、この手のスープにはベストマッチです。

ということで、サクッといただきごちそうさま。ボリュームは少なめなので、男性だと大盛がご飯物は必須かな。
まぁでも、スペシャル感はないですが、量産型な鯛塩ラーメンとして見ればなかなかバランスのよい一杯かなと思います。
ボリューム的には飲みの〆とかによさそう。まぁ、このあたりで〆っていうと「壱六家」に行っちゃう率が高いんだけどねw
次回は鶏白湯ベースの方を試してみたいですね。

--

鯛塩ラーメン狛龍


関連ランキング:ラーメン | 大森駅大森海岸駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3183-d5ff1052

<< topページへこのページの先頭へ >>