FC2ブログ

やよい丼(850円)@新富町・築地やよい軒

2019-01-21
有楽町線で新木場方面に移動中にランチ。
お腹ペコぺコなので、久々にやよい軒に行こう!と新富町で下車。
やよい軒」と言ってもあのチェーンの定食屋じゃありません。ガッツリ系のジャンクなB級中華を提供する名店です。

平日13:20到着。
店内はほぼ満席でしたが、狭い2人テーブルに相席で着席。
こちらの人気メニューは、豚コマと野沢菜のピリ辛炒めが載ったラーメン「やよい麺」やその汁なしバージョン、あとは麻婆麺や坦々麺等の調理麺。
今日もやよい系が食べたかったんだけど、ちょっと路線を変えて「やよい丼」行ってみますか。
丼、つまり前述の「やよいのアタマ」を白飯の上にぶかっけちゃったやつですな。

口頭オーダー後、大将の鍋振りの音を聞きつつ5分ほどで着丼。
ほぉ。。。これ絶対旨いやつでしょうw

YAYOIKEN

白飯の上に載るやよいのアタマは、豚コマと高菜を唐辛子と醤油ダレで炒めたもの。
やよい麺や汁なしやよいでその実力は既に認識していましたが、これは間違いなく白飯に一番合うと断言してよいでしょう!
YAYOIKEN

ちょいピリ辛に炒められたボリュームたっぷりのアタマは、豚肉の旨味とジャキッとした高菜の食感と僅かな酸味が合わさり、これは間違いない旨さ。ラーメンスープに入るとちょっと濃い味に感じますが、白飯だとちょうどいいバランスかも?

YAYOIKEN

ただひとつ問題があって、炒める時に相当たっぷりの油を使うようで、丼の底には「汁ダク」ならぬ「油ダク」状態。
油切りして食べたい衝動に襲われますがそんなことはできず、食べているうちに米が油を吸う吸う。

YAYOIKEN

チャーハンでもこんなに油は使わないし、麺類でも、スープに染みだした油はスープを飲まなければ摂取することもありませんが、この一杯は、米を食べ終わる時点で「油を全て摂取してしまう」という、なかなかにハイカロリーな一品ですな。。。
ご飯は300~350gくらいかな?ラーメンで感じるボリューム感はそれほどなく、ペロリと食べられる量です。

YAYOIKEN

付属スープは淡い茶濁のもの。
街中華のお約束である醤油スープではなく、豚魚っぽい味わいが感じられるもの。
化調感はモリモリですが、これ意外に旨いですね!塩気は強すぎるほどに効いてます。

ということで、サクッと頂き、しかしたっぷりの油にやややられ気味でごちそうさま。
やよいのアタマと白飯、味的な相性は完璧なのですが、油がなぁ。。。やっぱりやよい系は麺類が一番かも?
次回は久々に一周してやよい麺をいただくことにしましょうか(汗だくになるので秋冬じゃないと厳しいw)。

--

築地 やよい軒


関連ランキング:中華料理 | 新富町駅築地駅東銀座駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3178-9f8ac01d

<< topページへこのページの先頭へ >>