FC2ブログ

ごまの辛いそば(850円)+多賀野丼(200円)@荏原中延・多賀野

2018-12-20
中延近辺でランチ。
であれば、当然向かうのは城南の誇る名店、多賀野さん!

平日13:45到着。店内満席、待ち8。後客続々で。14:10くらいに店じまい。
今日は未食の担々麺、もとい「ごまの辛いそば」をポチ。お腹空いてたので多賀野丼もポチ。

TAKANO

回転は速く、10分ほどで席が空き着席。食券は先に出してあるのでまもなく着丼。
ほぉ。。こりゃ旨そうだ。ラー油が浮いた胡麻スープの上にはチャーシュー、ネギがこんもり。

TAKANO

ではスープを一口。
なるほど、これを「担々麺」と括ってしまうのはやや乱暴かも。それほどにベーススープの味わいがしっかり出ています。
具体的には、動物、魚介、野菜で丁寧に引いた絶品のスープをベースに芝麻醤とラー油を用いて担々アレンジしたもの、かな?

TAKANO

担々麺の有名店がどこも、ベーススープの味わいよりも胡麻やラー油の風味を前面に出すチューニングなところを、多賀野はあくまでベースはこちらの中華そばで、醤油や塩と並ぶ、タレを変更するいう解釈っぽいですね。
サラリとしているけど、胡麻に頼らない旨味がしっかり。ごく僅かに酸味も感じられ、さっぱりした味わい。これは最近流行の本格担々麺とは全く異なる、多賀野ならではの解釈の担々風麺と言えるでしょう。あぁレンゲが止まらない!

TAKANO

ラー油の辛味はほぼなく、香り要員といった感じ。一部に山椒粉がかけてあり、その部分のスープを飲むとヒリッといいアクセント。
後半、卓上のお酢を一回しかけたらさらにさっぱり感が増しました。

TAKANO

麺は中華そばやつけ麺とも異なり、モッチリした高加水の中太麺。
麺の風味もよく、弾力のある食感も素晴らしい。このスープとの相性も抜群ですね。
麺量は180gくらいはあったかな?自家製麺

TAKANO

担々麺と言えば、肉味噌とチンゲンサイ、みたいなのが定番ですが、前述の通りこれはあくまで「中華そばのいちバリエーション」なので、トッピングも共通点あり。チャーシューは厚みのあるロース煮豚。部位の異なるものが2枚入っていますが、ムッチリした食感と肉の旨味が間違いない味わい。

TAKANO

ネギは白髪。アツアツのスープに浸してトロンとしたところを麺と一緒に啜るといい感じ。
また、ネギの下にはたっぷりの端切れチャーシューがゴロゴロ。これは速攻でライス側に留学させましょう。
ザクザクのネギはかなりたっぷり。食感とほどよい辛さがいいアクセント。

TAKANO

多賀野丼は、150g程度の白飯に本枯節というおかかと温玉を載せたもの。

TAKANO

「お好みで」と醤油を出してくれますが、せっかくの担々スープがあるので、担々+おかか+温玉という最強のスープ雑炊にしちゃいましょう。

TAKANO

担々の風味が優しいので、節のスモーキーな香りが前面に出て。。これは超大人のねこまんま!といった感じ。

TAKANO

ということで、夢中で食べ進み完食完飲でごちそうさま。
全ての要素に丁寧な仕事が感じられ、それらが折り重なるようにして一つの味わいを作っていく、決して派手ではないけれど、また食べたくなる魅力にあふれた一杯でしたね。
中華そば、塩そばに加え担々麺系を加えるのは割と珍しいと思っていたのですが、食べてみて納得。醤油、塩の次の調味料としての「ゴマ」なんですね。
次回はこれのつけ麺バージョンを食べたみたいかも!

--

中華そば多賀野


関連ランキング:ラーメン | 荏原中延駅中延駅戸越公園駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3164-dd9da0d3

<< topページへこのページの先頭へ >>