FC2ブログ

朝ベジ(600円)@東京駅・ソラノイロNIPPON

2018-12-13
東京駅で朝飯。
この時間だと、ラーストに行けば朝ラーやってるはず、とラーメンストリートへ。
狙いはソラノイロの「朝ベジ(朝限定のベジソバ)」です。

SORANOIRO

平日9:00到着。
前客4、後客4。朝営業は席を絞って営業しているようですね。
メニューは朝ベジと朝煮干。当然朝ベジの食券を買いカウンター席へ。5分ほどで着丼です。

SORANOIRO

ほぉ、相変わらず攻めてるなぁベジソバ
オレンジ色のスープの上には野菜のみ。内訳はキャベツ、トマト、ニンジン、大麦、レンコンチップス。丼の縁には柚子胡椒が。たしかこのメニューはビーガン(動物性食材を一切使っていない)だったかな?

SORANOIRO

では早速スープを一口。
うん、相変わらず(いい意味で)ぶっ飛んでますねぇ。これはソラノイロファンにとっても賛否両論なスープ。
本店のベジソバ東京駅ベジソバはおそらくレシピが異なり、こちらのスープはほぼ甘~いニンジンジュース。
例えば醤油だったり味噌だったり、ラーメンらしい味わいとしてフックになるものがなく、ひたすらに甘~いニンジン味が平坦に続く感じ。

SORANOIRO

ベースの旨味はベジブロス。液体油も多めに入っていることもあり旨味は十分。
粘度はそこそこトロンとしており、ラーメンスープらしい口当たりはしっかりしています。
が。。もはやこれは「スープの中に麺が入っている」というスタイルがラーメンなだけであって、それ以外は全く異なる食べ物と認識して食べた方がいいですね。
個人的には嫌いじゃないですが、少なくとも、ベーシックなラーメンが食べたい方、甘いのが苦手な方はやめておいた方がよいでしょう。

SORANOIRO

提供側も、この甘さが苦手な人もいるのを認識しているのか、大麦にはさっぱりしたバジルペーストをまとわせ、丼の縁の柚子胡椒での積極的な味変を奨励しています。
ただ、やっぱりニンジン感が圧倒的なので、これらの調味料で大勢が変わることはないですね。卓上の塩と胡椒で少々パンチを付けつついただきましょう。

SORANOIRO

麺は、ムッチリした噛みごたえとパプリカの風味が特徴的な中太平打麺。加水は35%とのこと。厚みがあるので結構食べごたえあります。
スープの絡みはばっちり。麺量は140gくらいはあったんじゃないかな?

トッピングに目を移すと、レンコンスナックのサクサク食感とわずかな塩気がいいアクセント。キャベツは芯多すぎだったので残しました。
トマトの酸味は甘いスープに慣れた口をいい感じにリセットしてくれます。ニンジンはスープの味と同じなので一体に。

ソラノイロベジソバは何度も食べているにもかかわらず、最初の数口は違和感ありまくりだったんですが、なんですかね。。。中盤以降、急速にこの味わいに慣れていく自分に気づきますw
決してラーメンのスープとしての旨さじゃないんだけど、なんかレンゲが止まらないという不思議な現象w

ということで、ほぼ完汁、朝からヘルシー気分でごちそうさま。

朝用にデチューンされているとはいえ、スープと麺はおそらく通常メニューのベジソバと共通で、麺量もそれほど少なくなった気はせず、トッピングを廉価にしただけ?な印象ですね。
ということは、「ソラノイロのベジソバを食べてみたいけど、1000円近いお金出して好みじゃかなかったらもったいないかも?」と考えている方にとってのトライアルとして、このメニューはベストな選択なのかもしれません。
東京駅での一捻りした朝飯候補として、結構オススメかも。

--

ソラノイロ ニッポン



関連ランキング:ラーメン | 東京駅京橋駅二重橋前駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3158-1fc5dadd

<< topページへこのページの先頭へ >>