FC2ブログ

カレーチャーハン(760円)@神保町・三幸園

2018-12-12
神保町で遅めのランチ。
ぶん華でカレー餡かけチャーハンを食べようかと思ったけど、カレーチャーハンと言えば「三幸園」さんのやつも有名だったなぁと思い出し、今日は三幸園へ。

平日14:05到着。店内は8割ほどの入り。店員さんの案内でテーブル席へ着席。
店内は喫煙OKっぽいですがデフォルトで灰皿は置いてなく、言えば出してくれるっぽい?運良く喫煙者はゼロでした。

SANKOENSANKOEN

頼むメニューは決まってますが、一応メニューをチェック。
なるほど、チャーハンが700円、60円足すとカレーチャーハンになるようで、だったらやっぱりカレーでしょう!とカレチャーをオーダー。
オーダーが入ってから作り始めるようで、鍋を振る段階からカレーのいい香りが漂います。

SANKOEN

待つこと3分で着皿。ほぉ!こんもりといい盛りですな!
具はチャーシューとわずかの玉子、ネギとグリーンピースのみ。

SANKOEN

では早速一口。
カレー粉をかなりたっぷりぶち込んでおり、味わいは思ったより全然スパイシーで味濃いめで、こりゃ旨い!
ただ食感は全体的に粉っぽいというか、カレー粉のザリッと感強め。例えるなら、粉ソースの焼きそばで、粉が油と麺がうまく馴染まずザリザリとしてるような雰囲気に近いかな?

SANKOEN

チャーハンって油と塩と(米の)水分のバランスが重要だと思っていて、このチャーハンでその3点のレーダーチャートを作ると、油と水分が凹み、相対的に塩(スパイス感)がグンと伸びてるようなバランスですかね。
味はなかなかいいんだけど、モソモソ、パサパサした食感が強く、口の中の水分が持っていかれる系ですね〜。個人的にはもうちょっとオイリーでもいいかも。

SANKOEN

具はかなりシンプル。カレー味の米をひたすら食う感じですが、たまに刻みチャーシューが入ってるのがうれしい。
敢えてタマネギを入れてもらえると、ちょっと水分が出てふっくらした仕上がりになるかも?

SANKOEN

スープはいわゆるチャーハンの付属のアレです。パサ系のチャーハンなのでスープの水分がお口にうれしいですな。
ボリュームはそこそこあり、350g弱はあったかな。満腹でごちそうさま。

SANKOEN


ややパサ感あるのが気になりましたが、かなりメリハリ強め、パンチの効いたカレー味のチャーハン、堪能です。これ結構好きかも。
周りを見ると、このお店は何食っても旨そうな雰囲気ありますね。再訪は確実!

--

三幸園 白山通り店


関連ランキング:中華料理 | 神保町駅竹橋駅九段下駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3157-739ff4fe

<< topページへこのページの先頭へ >>