FC2ブログ

親子丼(1000円)@銀座・○勝

2018-12-10
銀座でランチ。
なんとなく旨い丼ものな気分だったので、そういやミシュランで星を取った焼鳥の名店「バードランド」のスピンオフ親子丼店があったっけ、と○勝さんへ。
場所的には、かつてありえないほどの大行列だった「篝」跡地の2Fになります。

休日13:50到着。前客5、後客4。
店内はかなり狭く、シンプルな木製L字カウンターのみ。厨房もIH中心でコンパクトなものですが、端に寸胴があり、ここでスープを引いてるのかな?お箸はなく漆器風のスプーンのみ。

MARUKATU

券売機を見ると、メニューはシンプル。親子丼と塩親子丼、それぞれ並と特上という4通りの組み合わせ。
ちなみに特上と並の違いは、特上は名古屋コーチン、並は信玄鶏になるとのこと。
今回は初訪問なので、まずは一番ベーシックなやつ、ということで並親子丼をポチ。
着席し食券を提出。厨房は感じのいい若い男性のワンオペです。接客はとても丁寧。

MARUKATU

間もなく着丼。
ほぉ・・・・これは旨そう!
フワトロ半熟に仕上げられたたっぷり玉子の中にはゴロゴロと鶏モモ。皮は外してあったかな?さらに上には卵黄。

MARUKATU

では早速一口。
モモの弾力のある歯ごたえと、しっかりした鶏肉との旨味が感じられますね。
これなら名古屋コーチンにしなくても十分満足度高いですよ。クタクタの甘いタマネギもいい感じ。

MARUKATU

割り下は甘さを抑えたもので、銀座らしい(?)上品でキリッとした味わい。
載せられた卵黄はプリプリしておりなかなか「プチッ」と割れないもの。力を入れて割るとドロリとした黄身の旨味がいい感じ。この玉子も味濃いですね~!

MARUKATU

ご飯はかなり固めに炊かれており、粒がしっかり立っています。
高級親子丼って、徐々に玉子と割り下、ご飯が混ざりハイパーなTKGっぽくなってくるお店が多い印象ですが、此方ではご飯がダレず粒が最後までしっかり感じられ好みです。
量的には少なめで、白飯250gってところかな?ハラペコ男子は+100円で大盛推奨かな。

MARUKATU

付属のスープは火傷必至の熱々のもので、鶏の旨味がじんわりとしみだした絶品清湯です。
素材の味を感じさせるためか、塩気をかなり抑えめにしてるのがいい感じ。親子丼の味が濃い目なので、いい口直しになりますな。

MARUKATU

ちなみに相方は塩親子丼を頼んだのですが、甘辛い醤油味ではなく、軽い塩味と胡椒で、より鶏の味わいが引き立つ仕様に。これもなかなか気に入りました。

MARUKATU

ということで、黒七味で味変しつつ、サクッといただき満足でごちそうさま。
銀座という立地も考えるとこの味、この値段なら十分納得という感じかな。
名古屋コーチンの特上は+600円ということで、どれほどの味の違いなのか試してみたいところ。再訪はアリですね。

--

親子丼専門店 ○勝


関連ランキング:親子丼 | 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3155-6947c57c

<< topページへこのページの先頭へ >>