FC2ブログ

ピザソバ(850円)@大井町・ajito ism

2018-11-26
大井町でランチ。
となると、この店の営業時間中に他店に行くという選択肢はほぼないんですよねw
ということで、もう何度通ったかわからないあの路地裏へ。
ちなみに此方、今年のTRY(Tokyo Ramen of the Year)でも名店汁なし部門で優勝。これで3年連続1位でしょうか?

平日13:20到着。店内満席、店内待ち5。後客続々で店内待ちキープ。
まぁ最近はいつものことなので行列に接続。入り口隣にあるフィギュア棚の自慢のコレクションを眺めつつ待ちましょう。
この時点でイレギュラー(日替わりメニュー)は既に売り切れ。先に奥様に注文を聞かれるので、スタンダードにピザソバ
10分ほどで席が空き着席。先にオーダーは通してあるので、着席後まもなく着丼です。

ajito ism

・・・もう毎度同じ説明をするのもアレなのですが、相変わらず彩りがよいルックスです。
トマトブレンドのベジソースに合えられた極太麺の上には、普通のラーメン屋ではまず見ないトッピングの数々。
チャーシューではなくサラミ、メンマではなくオリーブとアンチョビ、ホウレンソウではなくクレソン、そしてパプリカ、ピーマン、ミックススパイス、魚粉、刻みタマネギ等が丁寧にレイアウト。丼の底にはとろけるチーズがスタンバイ。

ajito ism

ピザソバは全体をよく混ぜないと味が均一にならない(薄味の部分が出てしまい最後まで楽しめない)ので、一通り眺めたら箸を右に、レンゲを左に持って、丼の底からとにかく混ぜる!
食べ終わった時にソースが丼に残らないのがうまい混ぜ方だそうですが、俺的にはいつも20回くらいは混ぜてるんじゃないかなぁ。今度数えてみようかなw
また、前述の通り底にチーズがあるので、麺の熱でチーズをできるだけ溶かすのが重要。

ajito ism

全体に味が行き渡ったら、あとはとにかくかっ喰らう!
トマトベースのソースにオレガノやチリ等のスパイスとチーズの風味が混ざり合い、そこにアンチョビやオリーブが組み合わさると、もう口の中はピザ。だけどズバッと啜っているのは紛れもなく中華麺。この脳内アンマッチが面白い!
また、魚粉等、そもそもピザには入っていないものをうまく組み合わせることで、絶妙にラーメンジャンルの「汁なし」っぽさも感じられるのが面白いところ。

ajito ism

麺は菅野製麺所の特注麺。角断面極太ストレートで、ゴワッとした口当たりとモチモチ感を両立したうまいもの。並で200g、大で300gとなります。
ソースの濃度は季節によって変わるのですが、今日はドロッとしておりかなり特濃。味わいもどっしり重たく、麺にソースが絡む絡む!

いつもだと固形物を食べきった後、ライスとチーズ、半熟玉子を投入した「〆のリゾット」をお願いするのですが、今日は重量感あるソースでお腹一杯。リゾットまで行き着かず丼を上げ、満足でごちそうさま。

いやぁ、相変わらず高い満足度の一杯でしたね。
基本コレクター気質なので、同じ店の同じメニューを何度も食べることってほとんどないのですが、ここだけは別。
何度食べても「あーうめぇ!」という感動があり、かつそれが他店では味わえないんだから、また来るしかないでしょう?
定期的にお世話になりたい名店です。

--

アジトイズム


関連ランキング:つけ麺 | 大井町駅下神明駅西大井駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3148-d4d89a1b

<< topページへこのページの先頭へ >>