FC2ブログ

小ラーメン・ヤサイニンニクアブラ(700円)+フリフリカレー(50円)@上野毛・ラーメン二郎上野毛店

2018-11-03
久々にホーム品川以外の直系二郎が食ってみたくなり、ちょうどいい距離感の上野毛へ再訪。

隣のコイパに車を停め、平日20:15到着、外待ち8。後客続々で常時10人程度の行列をキープ。
20分ほど待ったところで店内へ。では食券機で小と上野毛名物「フリフリカレー」のボタンをポチ。まもなく着席です。

KAMINOGE JIRO

上野毛は「硬め」や「バリカタ」「カタカタ」コールが飛び交うかなり特殊な二郎。
個人的に直系二郎は柔麺の方が好みなので、食券提出時はノーコールでいきます。
間もなく「ニンニク入れますか?」とコールタイム。ヤサイニンニクアブラで。まもなく着丼。

KAMINOGE JIRO

ほぉ、これぞ上野毛!という完全非乳化の醤二郎ですね!
ヤサイの上からトローリとかけられた背脂が実に旨そう。盛りに美学を感じます。
フリフリカレーは別皿提供。

KAMINOGE JIRO

ではレンゲでスープを一口。
カネシのキレの奥にフワリと生姜が薫るサラリとしたスープ。直系で似ているのは仙川二郎あたりか?

KAMINOGE JIRO

豚出汁感は割と控えめかな。
カネシもちょっとおとなしい感じなので、カレーなしでヤサイマシするならカラメコールした方がいいかも?

KAMINOGE JIRO

さて、ここからが本番。中盤からフリフリカレーを投入。
この手の味変アイテムにありがちな、「元々しょっぱい所にさらに塩辛い味変アイテムを入れてしまい大変な塩加減になってしまう」という現象、今回に限っては全くないですね。

KAMINOGE JIRO

もともとカネシが控えめだったので、カレーが入ると最強に旨いカレー二郎に!

KAMINOGE JIRO

麺は平打の極太麺。
デローンと柔らかめで、硬めコールしたくなるのもわからんでもないですが、このデロ麺が目一杯スープを吸い込んだやつをズボボボッって啜るのが最高に気持ちいいんですよ。そうですか変態ですよねw
麺量は300弱程度でしょうか?ここは麺半分コールする方も多いのが特徴(若い女性のお一人様とかもいるし!)。

KAMINOGE JIRO

豚は腕とバラの厚切り。
どちらもしっとり柔らかく、カプッとかぶりつくとスッと噛み切れるもの。脂身が抜群にうまいですね。

KAMINOGE JIRO

最近品川のショボい豚ばかり食べていたので、このクオリティが出て来るとかなりテンション上がりますよw
ヤサイはクタぎみ。マシにするとそれなりにありますが、多摩地区二郎のデフォよりは少なめかな。
ニンニクはかなり細かい刻みで、辛さと苦味があるちょっと苦手なタイプでした。

ということで、サクッといただき丼を上げてごちそうさま。
久々に食べた上野毛ですが、非乳化醤二郎スープにデロ麺、カレーという上野毛らしさを堪能できて満足。
いやぁ、直系二郎と一言で言ってもお店毎に個性があるのが二郎めぐりの楽しさでもありますね。また来たいと思います。

--

ラーメン二郎 上野毛店


関連ランキング:ラーメン | 上野毛駅等々力駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3135-3e68f9ef

<< topページへこのページの先頭へ >>