FC2ブログ

塩とんこつラーメン(700円)+チャーシューごはん(200円)@横浜・せんだい

2018-10-16
横浜で晩飯。
せっかくの神奈川なので家系な気分だけど、いつもいつも総本山ってのもヒネりがないかな?
ということで、ちと家系本流の流れからは外れるけど(さつまっ子→とんぱた亭の流れだそう)、一度鶴ヶ峰の本店に行ってかなり好印象だった「せんだい」さんへ。いつの間にか横浜駅前にお店出してたんですな!

SENDAISENDAI

平日19:00到着。店内は1/3ほどの入り。
最近塩味の家系が気になってるので、入り口のハイテク券売機で「塩とんこつ」それからチャーシューごはんをポチし着席。
ラーメン屋にしては珍しく厨房は客席からほとんど見えないレイアウト。スープはお店で炊いてないのかな?

SENDAI

待つこと5分ほどで着丼です。
うん、見た目のフォーマットは家系ですね。
白濁スープ表面には液体油。トッピングはチャーシュー、ネギ、レンソウ、海苔。

SENDAI

ではスープを一口。
おぉ、かなり濃厚な豚骨を感じるスープです。豚臭さも強め。
トロミはしっかりあり、鶏由来というよりは完全にゲンコツ等の豚骨を炊き込んだ際に出る脂によるとろみですね。結果鶏感は感じられず、鶏とのバランスが重要な家系スープというよりは、濃厚豚骨スープと言って差し支えない感じ。

SENDAI

ただ、この重厚な豚スープを、線の細い塩味のカエシがうまく制御できてない感じで、結果豚感が完全独走、という印象に。
このスープはおそらく塩よりキレのある醤油の方が絶対合うはず。家系のフォーマットを若干はみ出した感ありますがかなり好きですね。
ちなみに醤油ダレにはキビナゴが仕込んであるそうですが、塩ダレに仕込んであるかはわかりませんでした。

SENDAI

麺は丸山製麺の丸断面中太ストレート。
家系としてはかなり加水高めで、モチモチプルプルな食感。
これはこれでつけ麺とかにしたら合いそうだけど、このスープに合わせるには硬め推奨かなぁ。
麺量は200gで、普通の家系店の中盛クラスはあります。

SENDAI

チャーシューはミッチリした肩ロース。しっとり旨いです。レンソウは解凍もののデロ系。
海苔は薄く、スープに漬けるとシナシナになっちゃうのが3枚。

SENDAI

チャーシューご飯は、茶碗一杯分のご飯にチャシュー切り落としをサイコロ状に切ったものをたっぷり載せ、上からチャーダレ+ゴマ油をかけたもの。

SENDAI

普通の半ライスが100円なので、プラス100円でこれだけチャーシューが載ってくると思えば結構良心的だと思いますね。
こちらは珍しく豆板醤がないので(粉っぽい唐辛子ペーストはあるけどちょっと食感が違う)、ライスに豆板醤を塗りたくってスープを吸った海苔で巻く、という家系お約束のお楽しみができないのは残念なところ(海苔もスープに浸けた瞬間テロンテロンになっちゃうのでうまくご飯を巻けないんです)。

ということで、サクッといただき丼を上げてごちそうさまでした。
直系とも違うし、もちろん壱系のセントラルな味わいとも異なる、しっかり個性を持った家系風な一杯に満足です。
駅から近いので、今後もちょくちょく使わせてもらいたいところ。

--

せんだい 横浜駅西口店


関連ランキング:ラーメン | 横浜駅平沼橋駅新高島駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3121-184880a5

<< topページへこのページの先頭へ >>