FC2ブログ

宮郎のシークアーサー並・全マシ(850円)@蒲田・ラーメン宮郎

2018-10-13
蒲田で晩飯。
朝昼抜きで腹ペコペコだったので二郎。。。おぉう、定休日やorz
そういえば宮郎で何か限定やってないかな?とTwitterをチェックするとビンゴ!シークアーサーを使った限定をやってるそうで。
J系+柑橘と言えばかつて蒲田にもあった「」最近だと「豚星。」直系でも野猿二郎で「シークアーサーつけ麺」をやっており、割とメジャーな組み合わせですよね。
さて、宮郎がアレンジしたシークアーサー、どんな感じになるのかな?と期待値を上げて訪問。

平日20:05到着。
店内にポツポツ空席はあるものの外待ち7。グループ連席待ちですか。後客続々で帰る頃も外待ち7。
こちらは並ぶ前に食券を買うので、20食限定というシークアーサーがまだあるかチェック→ありました!

MIYARO

ということで並をポチして厨房へ。このタイミングで「ヤサイやニンニクはどうしますか?」とコールタイム。「全マシで」とお願いします。
15分ほど待ったところで着席。先に食券を出しているので、間もなく着丼です。

MIYARO

・・・へ?これで全マシ?
元々盛りはそれほど多くないお店とは認識してますが、これノーコールより少なくね?
もし客を見て盛りを調整してるんだったら俺もナメられたもんですな。。。
モヤシを腹いっぱい食べたくて来てるわけではないんだけど、なんかこう、今から二郎系食うぜ!っていうテンションはダダ下がりですね。
スープは表面に細かな背脂が浮く非乳化。上にはモヤシがカサッと。ニンニクはたっぷり。豚は相変わらずいい感じの巻豚が1個。

MIYARO

気を取り直し、さてレンゲでスープ。。あれ?レンゲなくなった?
では丼を持ってスープをズズズ。
ほぉ、生シークアーサーの果汁がたっぷり入っており、一口目からガツンと柑橘の酸味が広がりますね。
うーん。。でも果汁と二郎系スープが別々の味わいに感じられ、どうも一体感がないかなぁ。のポン酢はホント常習性のある味わいなんだけど、あの領域には達してない印象。
それと、今日のスープはかなりライトというか、豚出汁、カエシ共に薄っぺらく感じるなぁ。下ブレかな?
まずカエシが控えめなので、卓上カエシを一回し。しかしあまり印象は変わらず。
宮郎って一時期「ちばから」並のド乳化スープの時期もあって、その後やや肉系というか、本家二郎寄りになってきていいバランスになってたと思うんだけど、今日はそれを通り越してペラペラのインスパイア風になっちゃった感ありますね。
シークアーサーの風味が立ちすぎるのは、今日のスープがペラいからってのもあるのかも?まぁでも、良く言えば「さっぱり系」ですかね(;´Д`)

MIYARO

麺はゴワッとした食感、ミッチリ密度感のある食べごたえあるもの。
麺量は並250gなのでペロリですな。

MIYARO

豚は厚さ2cmほどあるボリューミィなバラ巻豚。
これ系の豚はもうちょっと下味が染みてる方が好きだけど、コスト惜しんでない感ある豚肉は柔らかく、しっかり旨いです。この豚が宮郎の一番のウリだと思うので、そこはキッチリ押さえてますね。

MIYARO

モヤシは前述の通りオマケ程度のボリューム。速攻で天地返ししていただきます。
ニンニクは刻みニンニクが大さじ2杯程度。スープの厚みがある時はニンニクの風味とがっちり噛み合うのですが、今日はスープが弱いのでニンニクが独り歩きしちゃってる感あり。

ということで、並びがあるにもかかわらず食後もタラタラと会話するグループ客を尻目にサクッと完食。丼をあげごちそうさん。
ちなみにこのメニュー、昼夜それぞれ20杯で、来週一杯くらいまでやるようです。

うーん、宮郎なら間違いないでしょ!って期待のハードルを上げすぎたかな?ちょっと不発な感じの限定でしたね。
宮元店主が厨房に立っていないのが関係するのかわからないけど、明らかに去年版からデグレードした今年の宮し中華の実績もあり、ちと最近お店の印象が下降気味かなぁ。。。大好きなお店だけに、ここは踏ん張って欲しいですね。

--

ラーメン 宮郎


関連ランキング:ラーメン | 蒲田駅蓮沼駅


関連記事
tag : 蒲田 宮郎
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3117-ea3b85df

<< topページへこのページの先頭へ >>