FC2ブログ

瓦そば(850円)+ランチ丼(100円)@芝公園・瓦そば専門店 瓦

2018-09-24
芝公園近辺でランチ。
車だったので、パーキングメーターから近い所で。。そうだ!確かこの辺りに、山口のご当地グルメ「瓦そば」の専門店があったはず、と検索し訪問。

休日14:20到着。ピークを外したので前客0、後客0。
お店は、バス通りからクランク状の路地を入った隠れ家風の店構え。
建屋自体はかなり古めの木造モルタルですが、和モダンな雰囲気にリノベーションされており居心地いいですね。
厨房は若い男性1、ホールは満島ひかり風のクールビューティ女子(*´ω`*)

gramgram

券売機で「瓦そば」をポチ。また、ランチタイムはサービスの丼がワンコインということでそちらもポチしカウンターへ着席。
オーダーが入ると厨房では、まず大きな瓦をガス火で炙り加熱しつつ、そばをテボで茹で始めます。
オペレーションを見ていると、茹で上がったそばをチンチンに熱した瓦の上にジューッと落とし形を整え、上に肉、錦糸卵、海苔、卵黄、ネギ、さらに海苔、もみじおろし、レモンが積み上げられ、待つこと10分ほどで着瓦。併せて蕎麦汁も到着です。

gram

焼いた瓦は、厚めのまな板的な高床式木製台に載せられるので、かなりの標高。
これはもはや「蕎麦の天守閣や~!」な感じで、インスタ映え抜群!な感じです(でもかなり引かないと全体像は撮りにくい)w

gram

初めて食べるので、店員さんに食べ方を教えてもらいます。
まずは、薬味であるもみじ、レモン、海苔をつけ汁側に移し、次にそばと生玉子を混ぜつつ瓦全体に広げるんだそう。

gram

ただ、瓦はUの字を逆さにしたような真ん中が高い形をしているので、あまり調子に乗って混ぜるとボロボロと具が落ちてしまうので注意。
ただ、瓦の手前側には「受け」的なしゃくれた部位があるので、できるだけ手前側で作るといい感じかも。

gram

では早速パクリ。
宇治抹茶を練り込んだという自家製麺のそばは、蕎麦や抹茶の香りはあまりよくわからないかな?
ムニッとしたソフトな食感ですが、すぐに瓦の熱でパチパチと焦げて、いい感じにバリバリ食感になり、その食感の対比が面白いですね~。

gram

つけ汁は温かく、甘み強めの蕎麦汁っぽい味わいで、かなり甘口なのが特徴的。レモンの酸味でいい感じにさっぱりします。
麺量は茹で後で400gということで、男性でも満足できるしっかりしたボリューム。女性や少食の方向けには350gという小もあります。

gram

玉子はすぐ火が入ってポロポロのいり卵のようになってしまったけど、どう食べるのがベストなのかよくわからないまま、シャキシャキのネギを合わせて麺に絡めていただきます。
肉は牛コマ肉を牛丼風に甘辛く煮込んだもの。単品で食べても美味しいですが、つけ汁の味が濃いので、ここまで味付けしっかりしなくてもいいかも?

gram

ミニ丼は3種から選べたんだけど(残り2種は失念)、先頭の旨辛牛ネギ丼的なものをチョイス。ややピリ辛の焼肉のタレ的なものを纏った牛コマは、おそらく蕎麦に載ってるものと同じですが、味付けを変えてあるので飽きはきません。
シャキシャキの青ネギとの食感のコントラストがいい感じ。ライスはミニサイズで100gないくらいですが、まぁ100円なんでこれで必要十分でしょう。

いろいろな味、食感を楽しみながら食べていると、いつの間に固形物完食。
残ったお汁は蕎麦湯がお願いできるとのことで口頭オーダー。
茹で湯をそのまま使うのかと思いきや、注文の度、そば粉ペーストを小鍋でお湯で溶いてIHコンロで加熱してくれるんですね。

gram

トロトロの粘度高めの蕎麦湯は、ちゃんと蕎麦の香りがして旨いです。これは必須かも。
ということで、お腹パンパンでごちそうさま。

gram

いやぁ、初めての瓦そばでしたが、かなり面白いですし、かつボリュームもあって万人にオススメできますね。
瓦の上に載ってるものだけでもかなりインパクトがあるのに、カレー等変わり種の汁のバリエーションもあるので、ぜひ試してみたいところ。
東京ではまだマイナーなご当地グルメだと思いますが、これはもっと流行ってもいいはず!

--

瓦そば専門店 瓦


関連ランキング:そば(蕎麦) | 芝公園駅三田駅田町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3103-f09f96f2

<< topページへこのページの先頭へ >>