FC2ブログ

キーマカレー油そば・特盛(790円)@北品川・油そば専門店 油”油”

2018-09-20
シーサイドのイオンに買い物に行くついでに、近所でランチタイム。
そういえば、山手通りと旧東海道の交差点の油そば屋に「キーマカレー」があるって聞いたっけ、と立ち寄ってみることに。

休日13:50到着。前客2、後客4。
確か此方、以前は390円ラーメン推しのラーメン屋だった記憶がありますが、いつの間に油そば専門店になったんですよね。

BURABURABURABURABURABURA

店外の券売機で「キーマカレー」をポチし入店。期間限定で「台湾まぜそば」もあるんですな。
ちなみにこちらの赤坂店のメニューには、キーマや台湾はなかったので、北品川店の限定メニューみたいです。
前のお店も一度も入ったことがなかったので、この物件自体初訪問。店内は意外に広く、厨房を囲む変形L字カウンターが。椅子が固定式なので混んでる時はやや居心地悪いかも。BGMはなぜかお祭り囃子的なやつw

厨房は中東系の男性スタッフと日本人のおばちゃんのツーオペ。
男性スタッフは外国人選手にありがちなダレたところなく黙々と調理しており、おばちゃんは手が空くとすぐに厨房から出てきてテーブルや窓ガラスをピカピカに拭いています。
・・・見た目ゆるいお店っぽいですが、なんかキリッとしたいい空気感じゃないか!

食券を出すタイミングで「麺の量はいかがしますか?」とヒアリング。
並(150g)、大(225g)、特大(300g)どれも同料金とのことですが、過去のレビュー写真を見てみると、コレ茹で後の重さかな?(伏線)だったら特大でも余裕でしょ、と特大で。
麺箱には店名が。自社製麺ということですかね。

BURABURA

待つこと6分ほどで着丼。刻みタマネギと刻みニンニクは卓上にはなく、都度冷蔵庫から出してくれます。
ほぉ、なんかこういった「ベタな武蔵野系油そば」って久々に食べるかも。
麺の上には、キーマカレー、茹でモヤシ、青ネギ、ナルトに糸唐辛子とシンプル。丼の底にはタレと油。
で・・・コレ茹で前300ですね!浅めの黒丼にはこんもりとかなりのボリュームの麺。うれしい誤算です。

BURABURA

では混ぜる前にキーマを味見。
思ったよりゆるめの水分多めの仕上がりで、肉は豚ひき肉か。スパイシーさはそれほどないですが、かと言って日本のカレールウ的な味わいでもなく、意外に独自性ありますね。こりゃ旨い。

BURABURA

さて全体を混ぜつつ一口。
丼底のタレは甘口でコクの強い醤油ダレにガラムマサラ等を混ぜてるのかな?タレ単体でもカレーっぽい風味が。
タレも結構濃い味なので、キーマと混ざるとより押しが強くなりますな。
BURABURA

カレーと醤油は喧嘩することなく、両者きっちりハマります。
全体が混ざるとカレー感はやや後退しますが、「カレーまぜそば」ではなくあくまで「カレー風味の油そば」といった、絶妙にちょうどいいカレー感をキープ。

BURABURA

麺は加水高めの太ストレートで、ポクポクと歯切れよく噛み切れる食感。麺味はそれほど主張しません。
個人的にはもうちょっといモッチリした麺が好みですが、タレやキーマともよく絡み、悪くないバランス。
麺量は茹で前300で、腹ペコ男子でも満足のボリュームですね。

全体的にベタッと濃い味わいなので、清涼剤としてモヤシと青ネギが大活躍。これなかったら結構厳しいかも。
糸唐辛子のピリリとした辛味もいいアクセントになってくれますね。ナルトは彩り要員って感じで、味的には不要かな。

BURABURA

また、途中から刻みタマネギと刻みニンニクを投入。タマネギはシャキシャキ食感でいい清涼感。ニンニクは言わずとしれたパンチ要員として重要に機能します。
ブルジョワな方は、温玉やバター、コーン等をトッピングするとさらに幸せになれそう。
ラスト1/3くらいでお酢を2回し。カレーとお酢が合うか心配でしたが、さっぱりした味わいになりいい感じ。

BURABURA

麺を食べ終わった後は、卓上の保温ポットの鶏スープをちょいと注ぎ、残った具を残らず飲み干しごちそうさま。
おそらく顆粒スープかな?でもコレ、汁物がない油そばを食べる時は結構うれしいかも。

「ごちそうさん~」と席を立つと、おばちゃんが扉を開けてくれニッコリ「またお願いします!」。ここいい店だね!
ということで、予想以上の(商品&スタッフの)クオリティに大満足。
メニューバリエは多くはないですが、中休みなし、深夜まで営業、しかも年中無休で特盛無料!という営業スタイルが素晴らしい。
これまでなんとなく足が向かなかったお店ですが、再訪はかなりアリですね。

--

油そば専門店 油゛油゛ 北品川店


関連ランキング:油そば | 新馬場駅北品川駅天王洲アイル駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3101-9ae08296

<< topページへこのページの先頭へ >>