FC2ブログ

冷やしまぜそば並・ショウガカラタマガリマヨ(850円)@東大前・用心棒本号

2018-08-04
池袋→駒込に移転して以来ご無沙汰だった「ごとう」さんのつけ麺が食べたくなり車を走らせる午後。
用心棒の前を通過する際、チラッと店を見ると。。。なんと行列なしで空きあり!
二郎系冷やし中華として大ブレイクし、今や整理券を配る人気店になってしまった駒場「千里眼」の兄弟店である此方、もちろんソレ系の冷やチューを提供しており行列が絶えないはずですが、これは・・・行くしかないでしょうw
ということで、急遽近くのコイパに車を入れて早足でお店へ。

休日13:40到着。待ちなし、空席2。去年来た時は30分くらい待ったもんなぁ。。こりゃラッキー!
当然狙いは冷やし。券売機で並のボタンをポチしカウンター席へ。
店内を見ていると、冷やしとラーメン/まぜそばの注文割合は半々ほどですね。客層はほぼT大の学生さん。

YOJINBO

冷やしは提供に時間がかかることもあり、待つこと10分ほどで「トッピングは?」とコールタイム。
では、ショウガ、カラタマ(辛い刻みタマネギ)、ガリマヨ(その名の通りニンニク風味のマヨネーズ)をお願いします。
まもなく着丼。

YOJINBO

・・・ほぉ!今年も素晴らしいルックス!
麺はほぼ共通ですが、千里眼の冷やチューとは少々アレンジが異なり、あちらがゴマドレ+大根サラダ系のアレンジなのに対し、こちらは酢醤油ドレ+中華モヤシサラダ的なアレンジになります。個人的には、最近はさっぱり食べられるこちらの方が好みかな?

YOJINBO

ヒタヒタのタレに浸かった麺の上には冷ました茹でモヤシ。

YOJINBO

その上には丁寧に配置されたオニオンスライス、水菜、ミニトマト、チャーシュー、カラタマ、揚げ玉、卵黄、刻みネギ。

YOJINBO

では早速麺を引き出しパクリ。
うん、いいですね!ゴワッゴワのバッキバキで、終盤顎が痛くなってくるレベルの極太超剛縮れ麺は健在です。

YOJINBO

麺量は並で300gと食べごたえあり。麺味もしっかりしており旨い麺。
そして、この麺に絡むのが酢醤油系のタレ+ガリマヨの風味。この甘ジョッパ&スッパーな味わいはドンズバに好みの味。

YOJINBO

全体をグリグリ混ぜつついただきます。
トッピングアイテムが豊富なので、口に入ってくる食材がランダムに変わり、その風味や食感のおかげで全く飽きることがないですね~。

YOJINBO

チャーシューは、千里眼は冷やし専用品の鶏チャーですが、こちらはラーメンと共用するフワッフワの煮豚。キンキンに冷しちゃうと脂が固まってしまうので、全体の温度感を損なわないぬるめの仕上がりがちょうどいいですね。
辛タマは荒く刻んだ生タマネギに、キムチ風味の味付けをしたアチャール的なもの。シャキっとした食感と唐辛子の風味がすごくよいアクセントになります。
意外だったのは、シャキシャキのネギ+揚げ玉+醤油の味わいが口に広がると、脳裏に「冷やたぬ」の幻影が。。。w

YOJINBO

ということで、最後までスピードをキープしつつ美味しく完食。大満足で丼を上げてごちそうさまでした。
いやぁ、登場以来毎年いただいていますが、他店の追随を許さない孤高の二郎系冷やし中華、満足度高いですね(ちなみに千里眼は「冷やし中華」なんですが此方は「冷やしまぜそば」)。
千里眼の冷やチューも相当旨いけど、冷やし中華ゴマダレ派ではなく酢醤油派は方にはぜひこちらもオススメ(神保町店でも食べられます)!

--

用心棒 本号


関連ランキング:ラーメン | 東大前駅白山駅根津駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3076-71ba5921

<< topページへこのページの先頭へ >>