FC2ブログ

うな重・上・大盛(3200円)@成田市・印旛沼漁協 水産センター

2018-07-19
土用の丑の日!夏バテ防止!
ということで、佐倉の国立歴博訪問のついでに印旛沼近くの鰻ロード(鰻屋さんが密集している)でナギウーを。
行ってみたいお店は多いのですが、印旛沼の漁協直営という食堂「水産センター」へ。

休日13:10到着。
時期が時期だけに店内は当然満席で、外にもお客さんがワラワラと。店頭のノートに名前を記入し、呼ばれるのを待つシステムのようです。記名すると、我々の前には7組か。。。長期戦を覚悟し、一旦車に戻って涼みつつ待ちましょう。
漁協の事務所と養魚場が併設されていることもあり、持ち帰り用の調理済み鰻(1匹で2000円台後半でした)を見たり、いけすの鯉を眺めたりしつつ50分ほど。やっと呼び出しがかかり店内へ。
店内は小上がり含むテーブル席のみ。相席ではなく、1組1卓で案内しているので回転が遅いんですね。

INBANUMA SUISAN CENTER

この時間既に「特上」は品切れとのことで、上をオーダー。ご飯大盛は100円プラスとのことでお願いします。
ちなみに此方、鰻専門ではなく川魚料理のお店なので、ナマズの天丼とか鯉のあらいとかもあります。ただ、さすがにこの時期、客は全員鰻頼んでますが。。。

INBANUMA SUISAN CENTER

注文を受けてから鰻を捌いて蒸し&焼きをするようで、30分ほど待ったところで、待ちに待った鰻がようやく着重!
蓋を開けると。。。ほっほぉ~、香ばしい香りが鼻腔をくすぐりテンションMAX。
鰻の量は並、上、特上共に1匹分で中入り等はなく、鰻のサイズが異なるとのこと。

INBANUMA SUISAN CENTER

では早速鰻を一口。
うん、蒸しは控えめで焼き強めの、やや関西ちっくなかなり好みのタイプですね。
江戸前の高級店によくあるフワッフワに蒸された柔らかさではなく、しっかりした白身魚の食感があり、表面、特に皮面の炙りはカリカリに香ばしく仕上がっており旨いなぁ。

INBANUMA SUISAN CENTER

タレは地方に多い濃いぃ味のものではなく、意外に甘さ控えめのさっぱりタイプ。一口目は「もっと濃い味でもいいかな?」と思うくらいですが、食べ進むうちにちょうどよく感じてきます。
ご飯にかかるタレの量も、多からず少なからずちょうどいいバランス。

INBANUMA SUISAN CENTER

ご飯は固めに炊かれいい感じ。大盛だと300gくらいになるのかな?それほどボリュームはなかった感。
うなぎのボリュームがそれなりにあるので、白飯がもっとあってもいい位でした。

肝吸いは焼かれた肝とお麩が入ったもの。かなり薄味で、旨味も控えめ。
実は肝が苦手なので相方のお椀に留学させましたが、感想を聞いてみると「結構しっかり苦めw」とのことでした。
漬物は大根の醤油漬けとキュウリの浅漬け。どちらもさっぱりしていて口直しに最適。

ということで、瞬時にお重は空っぽに→大満足でごちそうさまでした。
上で3000円程度の鰻ということで、正直そこまでのクオリティは期待していなかったのですが、ボリュームもしっかりあり、なにより焼き方がかなり好みでしたね~。食堂然とした気取らないお店の雰囲気も気に入りました。再訪はあり。

レジでお会計をすると、「成田うなぎ祭り」のスタンプカードをたくさんいただいたので(1000円で1スタンプ、3スタンプで応募券となるが、1店舗で3つは押せないルールとのことで、スタンプを2個押したものを3枚いただいたw)、期間終わるまでに、また成田に鰻食べに来ようかな?

--

水産センター


関連ランキング:うなぎ | 下総松崎駅成田湯川駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3070-5f75ba76

<< topページへこのページの先頭へ >>