FC2ブログ

煮干そば黒醤油(690円)+いわしそば(430円)@川越・寿製麺 よしかわ

2018-07-08
川越でのサバ活後、晩飯を食べてから帰ることに。
お店をサーチすると、すぐ近くに有名店「よしかわ」さんがあるデナイノ!
ということで、早速立ち寄りましょう。

休日17:20到着。
お店は小さめのファミレスくらいはあり、個人経営のラーメン屋とは思えない大きさ。駐車場も広々~!
早めの時間ですがテーブル席はほぼ埋まっており、人気ありますねぇ。

券売機を見ると、なかなかメニュー豊富なんですね。
左上が白と黒の「煮干」なので、これがイチオシなのかな?初訪ですし、基本っぽい「煮干」の黒をポチ。
また、友人に「これ絶対食べといた方がいい!」とリコメンドされた「いわしそば」もポチ。聞けば「和え玉」的なメニューらしいので、2杯食いしてもまぁ問題ないかと(汗)

カウンター席へ案内され、待つこと10分ほどで着丼。
ほぉ。。。超~今っぽい!w
油少なめの清湯スープの中にはハリの強そうな細麺。上にはレアチャーに三つ葉、メンマ、海苔、半味玉。

YOSHIKAWA

ではスープを一口。
ほぉ。。。色が黒いのでいわゆるブラックな感じかと思いきや、意外に醤油の角はなく、面で押してくるような塩気ですね。
煮干し感は上品で、後味にフワッとビターに香る感じ。あまり抑揚は感じないけど、上品で悪くないスープ。

YOSHIKAWA

麺はコリパツ系食感の低加水細麺。
最近の煮干ラーメンではおなじみのタイプですね。最後までダレず食感をキープします。麺量は140g程度か。

YOSHIKAWA

チャーシューは低温調理の豚肩ロースと鶏ムネ。
豚は極薄カットなのでムッチリ柔らかくエロい食感。早く食べないとスープの熱が入ってしまいますが、3、4枚あったので、熱を入れる前と入れた後を比較しながら食べるのも一興でしょう。

YOSHIKAWA

メンマは筍的なかなり硬めのゴリゴリとしたものが2枚。これはあまり好みじゃなかったかな。
海苔はスープに入れるとホロリと解ける、非常に香りのよいもの。こりゃいい海苔ですね~。
味玉は半熟の黄身にしっかりタレの味わいが入ったもの。また、三つ葉は醤油が強い和風のスープに抜群に合います。
うーん、突出したインパクトこそないけど、全方位全くソツのない、超優良C/Pの今っぽい上品系煮干ラーメンという印象ですね。

YOSHIKAWA

そしてもう一杯「いわしそば」。
前述の通り、見た目は麺70gの和え玉っぽい感じなんだけど、上に三枚におろした生のイワシがたっぷりのっているのがすごいインパクト!薬味は青ネギと生タマネギ。あとはタレのみという潔い仕様です。

YOSHIKAWA

イワシは鮮度よく、青魚的な臭みはなし。小骨もなく捌きも丁寧ですね。
タマネギは辛味をうまく抜いてあり、そのシャキッとした食感とさっぱりしたほろ苦さがいい感じ。

YOSHIKAWA

まずはそのまま食べると、旨い和え玉に刺し身が乗ってるみたいで若干違和感があるんだけど、徐々に魚に麺の熱が入ってきたあたりで、言われたとおり卓上のレモン酢と白胡椒を入れて混ぜてみると・・・おぉ!「いわしのマリネそば」的な洋風な雰囲気に!

YOSHIKAWA

なるほど、これはさっぱりしてて旨いですね~。そしてかなりのアイデア賞ものだと思います。面白いなぁ。
430円というとサイドメニューとしては微妙に高いですが。。まぁアリでしょう。個人的には若干生魚感が強すぎな気がしたので、軽く〆てもらえるとより食べやすくなるかな。

ということで、2杯完食、満足でごちそうさま。
いやぁ、さすが人気店、しっかりした実力と落とし所のセンスを感じられるラーメン達でした。
正直黒煮干は「最近の流行り」を狙ってる感全開だったけど、誰にも文句を言わせないクオリティなのは間違いなし。
そして、いわしそばのインパクトにはやられたなぁ。ちと高めだけど、鮮魚嫌いな方でなければぜひ食べてみてほしいサイドメニューだと思います。
ちなみに同行者が頼んだ「川越醤油らーめん」を一口味見させてもらったら、煮干そばより断然好みだったことを付け加えておきますw

--

寿製麺 よしかわ


関連ランキング:ラーメン | 南大塚駅新河岸駅上福岡駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3064-90d43b19

<< topページへこのページの先頭へ >>