FC2ブログ

肉汁丼レベル3(780円)@秋葉原・肉汁麺ススム

2018-06-15
秋葉原で早めの晩飯。
かなりハラペコなので…前からちょっと気になっていた「肉汁麺ススム」さんに行ってみましょうか。
こちら、甘辛い味付けの揚げ豚を載せたボリュームたっぷりのラーメンや丼もの(最近はやきそばやカレー等のメニューも増えているみたい)を提供するスタイルのお店。

SUSUMU

休日18:50到着。店内は満席でしたが、外で食券を買っているうちに空席発生。
あの肉は絶対ラーメンより白飯に合うだろうと予想し、白飯の上に肉がドーンと載った「肉汁丼」にしましょう。
載せる肉の量によって、レベル1(130g、580円)、レベル2(200g、680円)、レベル3(270g、780円)、そしてレベルMAX(800g、1780円)というメニュー設定。
MAXは明らかにやべぇやつなので除外。まぁステーキやハンバーグだったら270gくらい楽勝だし(←伏線)、今日は値段的にも妥当なレベル3で行ってみますか、とポチし客席へ。

厨房はおそらく10代含む若い兄ちゃんたち。学祭サークル気分なのかな?キャッキャキャッキャと楽しそうに会話しながらの(テキトーな)オペレーション。
作り置きはしていないようで、注文が入る都度、肉に小麦粉をたっぷりまぶし油へ投げ込み→数分で上げて油をろくに切らず隣の中華鍋へ→醤油ダレを投入して絡めて米なり麺なりの上に載せる、という(雑な)流れです。

SUSUMU

待つこと5分ほどで着丼。
・・・ほぉ、これはなかなか旨そうな茶色の塊。そしてかなりの肉ボリューム!
間口の広いラーメン丼に浅く盛られたライスの上には。たっぷりの揚げバラ肉。サイドにはキムチと青ネギ少々。さらにスープと生玉子が付きます。

SUSUMU

では肉を一口。
・・・うーむ。。。これ、ほとんど小麦粉と油ッスねw
肉は薄切りの豚バラ。そもそもかなり脂身の多い部位で、さらに揚げた際の油切りが不十分で、分厚い衣にたっぷりの揚げ油が染みこんでおり、かつ油の酸化臭もそこそこあってかなり厳しめなインパクト。

SUSUMU

さらにこの衣、甘辛いニンニク醤油のネットリしたタレもたっぷり吸うので、オッサンにはかなりやべぇ食べ物だと一瞬で直感。
お腹空いてたのでレベル3にしてしまいましたが、これレベル2でも十分だったかな~、と軽く後悔。
しかし出されたものは食べきるのがマイルール。ペース上げていきましょう!

SUSUMU

・・・と、1/4ほど食べたところでお兄さん登場「すみません、レベル2の量で作ってしまったので、追加の肉になります」とお椀に入った追加の肉をサーブ。。。ちょ、マジか(゚д゚)!
「いや…それわいらないです」とも言えず「お、おぅ。。」w
今までがんばって空けた丼のスペースにまた肉が収まり、はいスタート地点へリセットー。

ご飯の量はデフォで300g。
当初の肉200gに対しても、肉の味が猛烈に濃いので全然足りないレベル。
これが270gになると。。完全に肉と飯のバランスが逆転。ご飯1口につき肉を3口食べる感じで、しかもその肉は油っこく味が濃い。。付属の生玉子をシュートしても焼け石に水。中間地点で明確に「遭難」を意識し始めます。

SUSUMU

しかしその時、青ネギとキムチの存在に気づく俺。
特にキムチ!こいつの威力は素晴らしいですね。タレと油まみれになった口の中を、酸味と辛味でリセットしてくれます。
また、卓上アイテムの紅生姜!こいつの酸味とシャキシャキ食感も最高のアシストを見せてくれますね~。

SUSUMU

付属スープはなにげに髄感のある甘口醤油豚骨スープ。徳島の肉そばを思わせる味わいで、これはこれで旨いです。
ただ、背脂がプカプカと浮いており、これだけ重たい丼を食べてる時には割とつらいっすねw

SUSUMU

キムチと紅生姜のおかげで食うスピード回復。なんとか肉270g、ライス300gを食べきり、ほうほうの体でごちそうさま。
食後も胃からこみ上げる油の酸化臭にやられつつ、帰宅後速攻で胃薬を飲んだのは言うまでもありません。

うーん、これは完全に濃い味&ギトギト油を欲するハングリーなヤングメン向けのメニューですね。
レシピ自体は悪くないと思うので、オペレーションを丁寧にすれば絶対旨いと思うのですが、この厨房のメンバーだとそれも厳しいでしょう。
つか、この破壊力に比べたら、ラーメン二郎なんて全然ヘルシーな健康食に感じた夜なのでしたw

ちなみに豆知識、吉野家のご飯とアタマのボリューム比を調べてみると、
並→白飯260g+アタマ85g
大→白飯320g+アタマ110g
特盛→白飯320g+アタマ170g
とのこと。
白飯とのバランスで言えば、肉200で十分だったってことですね。何事もバランスが大事。勉強になりました(;´Д`)

--

肉汁麺ススム


関連ランキング:ラーメン | 末広町駅湯島駅秋葉原駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3049-08afcf8c

<< topページへこのページの先頭へ >>