FC2ブログ

中華そば+半天津飯(900円)@京橋・サバ6製麺所

2018-06-14
大阪出張の帰り道、新幹線に乗る前に軽く一杯。
ということで、ほど近い京橋のサバ6さんへ寄り道しましょう。
その名の通り、鯖に特化したラーメンと、焼飯や天津飯といったサイドメニューが魅力的なお店。
元々は天六の路地裏にオープンした小さいお店ですが、あれよあれよと言う間に店舗数を拡大。そして先日なんと東京・成城学園前にもオープンしたんだとか。
この増加率は個人店では到底不可能で、どこか大きなスポンサーでも付いたんですかね?

SABA6 SEIMENJOSABA6 SEIMENJO

ということで、休日18:40到着。カウンター席のみの店内は2/3ほどの入り。
入り口の券売機でしばし迷いますが、名物サバ醤油は食べたことがあるので、今日はベーシックな「中華そば」を天津飯セットでポチ。
感じのいい店員のお兄さんに食券を渡し、待つこと5分ほどで着丼。

SABA6 SEIMENJO

ほぉ、背脂とフライドオニオンが浮いたブラックな醤油スープですね。
具はチャーシュー、メンマ、ナルトに青ネギ。なんともクラシカルな雰囲気。

SABA6 SEIMENJO

ではスープを一口。
口当たりはさらりとしていますが、表面のラードで食べごたえと香りを付加。
動物性のスープはそれほどグイグイくるものではないけれど、甘口でコクの強いカエシが牽引するタイプ。

SABA6 SEIMENJO

これはあれだね、京都の第一旭とかあのあたりをうまくインスパイアした印象ですかね?化調の底上げもありますが、甘みが全体をうまくまとめあげる感じで、全体バランスは非常に良好。
フライドオニオンの量も多からず少なからずでいいアクセント。着地点にセンスを感じる、誰にでも好かれる人気者タイプのスープ構成だと思います。

SABA6 SEIMENJO

麺は中太平打ストレート、加水はやや高めで麺肌ツルツル、ムチッとしたしっかりした歯ごたえ。
食べごたえもあるし、このスープとも良く合ってると思います。

SABA6 SEIMENJO

チャーシューはロース煮豚の薄いスライスが3枚。しっかり調味液が染みており口当たりしっとり。旨いですよ。
メンマはコリッと柔らかめ。味つけはニュートラルで、何にでも合わせられる優等生。ナルトはいい彩り。
青ネギはジャキッとした食感がちょいコテなスープの清涼剤として機能します。

SABA6 SEIMENJO

さてサイドメニューの天津飯。
ラーメンより大きな丼で出てくるので一瞬怯みますなw
おそらく白飯150g程度、その上に、ゴマ油が効いたフワフワの玉子がのり、醤油ベースの餡がかけられています。
関西の天津飯というと、塩と出汁の味が効いた餡を期待してしまうんだけど、醤油なのね~。ラーメンスープにとろみを付けたような感じだけど、やっぱり全体の方向性をまとめているのはゴマ油の香りかな?

SABA6 SEIMENJO

鍋を振らない分チャーハンよりオペレーション楽だろうし、これは今後ラーメン屋のサイドメニューとして広まってもおかしくないかも。でもやっぱ個人的にはチャーハンに軍配かな。

ちなみに、天六での開店時にはなかった「サバ塩」を頼んだ相方のを味見させてもらったんだけど、これもかなり旨いですやん!
天六で食べたサバ醤油は、割と明確にサバ節のエグみをグイグイ出してる印象があったので、これが塩になったらバランス崩れてしまうのでは?と思っていたけど、上品に節のサポートを効かせているのと、甘みと旨味の強いまったりした塩ダレを組み合わせることで、あっさりめだけどしっかり食べごたえのある和風塩ラーメン的な感じにうまく落としているなぁ、と。

ということで、満足でごちそうさま。
店舗数が増えたことによるデメリットはほぼ感じられず、この味が多くの場所で食べられるのはうれしい限り。
東京での出店も、変にイキって都心に出店せず、私鉄沿線という渋い立地を選んでるのも「わかってる感」あるね(そこで成城?というクエスチョンはあるけどw)。
この勢いで、城南エリアにも出店してくれたらうれしいなぁ。

--

サバ6製麺所 京橋店


関連ランキング:ラーメン | 京橋駅大阪ビジネスパーク駅鴫野駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3048-f44e8877

<< topページへこのページの先頭へ >>