FC2ブログ

納豆ざるつけめん(950円)+ライス(サービス)@鹿島田・元住家

2018-06-03
鹿島田でランチ。
暑いし、なんとなくつけ麺をジュルッと行きたい気分かな。
では、家系なのに「満来ほりうち」タイプのメニューも出すユニークな店「元住家」さんへ行きましょうか。

平日13:25到着。前客2、後客1。
食券機で「納豆ざるつけめん」950円をポチし着席。新橋ほりうちの「なざる」が840円で大盛無料なことを考えると、なかなか強気なプライシングですね〜(ただし新宿満来は1150円、新宿ほりうちだと1000円)。

相変わらず油ハネひとつない清潔な厨房では、麺茹でとスープは大将、サイドでは女将さんが納豆と玉子を丁寧に泡立てて柚子皮を投入。つけ汁の上にふんわり載せたら着丼です。
同時に「サービスライス付けますか?」と聞かれるので当然お願いします。

MOTOSUMIYA

ほぉ。。つけ汁の表面には泡だった納豆がたっぷり。スープは見えません。麺の上には刻み海苔。まさにあのスタイル!

MOTOSUMIYA

では麺から一口。
麺はおそらくこちらの家系ラーメンと共用でしょうか、加水低め、水で〆られたこともあり、ポクポクと歯ごたえが強く短い中太麺。
やっぱり「なざる」は加水高めでモッチリした麺で食べたいかなぁ。麺量は225gとのことで十分。

MOTOSUMIYA

玉子納豆の下には、かなりストレートな醤油感漂うショッパーな清湯スープ。
一味とお酢も入っているようで、若干辛酸っぱいアレンジですね。
そこに載せられたトロトロ納豆はしっかり1パック分。前述の通り柚子が香るのが特徴。

MOTOSUMIYA

早速麺を浸け、ズビョビョ!と啜ります。うん!今日食いたかったのはコレ!納豆のネバネバが麺に絡むと最高の味わいですな!
ただ…ベーススープの動物系の旨味が弱いのか油が少ないのか、満来ほりうちなざるに比べると、納豆とスープの一体感がやや不足している感じ。なんとなく別々感が強く、ちょっとしっくり来ない感はありますね。

MOTOSUMIYA

つけ汁の底にはメンマとチャーシューが大量に。
チャーシューはバラ煮豚を材木カットしたものをゴロゴロ入れてくれており食べ応えあります。箸でほぐせるくらいの柔らかさでなかなか旨い。
メンマはかなり甘い味付けで。。。家系なラーメンに載ってる時もやや違和感ありましたが、このメニューでもちょっと邪魔かも?

MOTOSUMIYA

麺を完食した後は、レンゲでサルベージした納豆をそのままライスの上へ移動し汁かけ納豆飯に。できれば穴あきレンゲがあるとうれしいかな?
最終的にはチャーシューも投入→ほぐしチャーシュー納豆丼としていただきます。これは間違いない旨さw
ちょっと塩分過多になりそうで自粛しましたが、ここに卓上自家製豆板醤とかを投入しても旨いでしょうね。

MOTOSUMIYA

ということで、そこそこ満足でごちそうさま。
此方はライスがサービスとは言え、新橋ほりうちと比べると割高感があり、味わいもやはり向こうが上か?ということで、川崎でこの味わいが食べられるというアドバンテージ以外はやや微妙な位置づけかもですね~。
今度は変化球のカレーラーメンを食べに来ようと思います。

--

らぁめん元住家


関連ランキング:つけ麺 | 鹿島田駅新川崎駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3041-8c6a80fd

<< topページへこのページの先頭へ >>