FC2ブログ

塩中華そば(790円)@市ヶ谷・斑鳩

2018-05-19
半蔵門の某中華店に行ったらなんと満席。並ぶ気もないので、市ヶ谷付近へ定期ランチパトロールへ。
斑鳩さんで何か変わった限定やってないかなぁ、とお店前まで行くと。。。おっ!ありました。期間限定で「塩」を提供してるみたい。ということで店内へ。

IKARUGA

平日13:50到着。店内ほぼ満席でしたがちょうど空きが出たところでした。
券売機を見ると、なんとデフォの中華そば、そして太麺濃厚が品切れ。注文できるのは濃厚、辛旨濃厚、そして塩の3種のみ。
塩は13:30から限定10杯とのことで、俺の一杯で終了。ギリセーフ!

IKARUGA

着席し3分ほどで着丼。
ほぉ、トッピングの配置はこちらのデフォのラーメンとほぼ同じですが、スープが透明感ある微濁です。また、カイワレとゆず皮が載っているのが相違点ですね。スープたっぷりで具がやや沈没ぎみ。

IKARUGA

ではスープから。
ベースはやや濁った動物清湯。豚ガラを浅く炊いたものでしょうか、鶏の香りはあまりしなかったような。ここにおそらく節をメインとした魚介の風味をブレンドした感じですね。
動物と魚介のパワーバランスはほぼ同等。結果、結構魚介を強めに感じる味わい。

IKARUGA

塩ダレは、最近流行りの貝系や乾物の旨味をこれ見よがしに効かせるタイプではないですが、旨味はかなり強め。
表面の油は少なくサラッとした舌触り。塩梅は意外にしっかり強めです。

IKARUGA

麺はやや縮れた中細平打。加水は高めでプリッテロンと柔めに感じる歯ざわり。
個人的にはもうちょっとハリがあるとうれしいかな?麺量は130g程度でしょうか。

IKARUGA

チャーシューは大ぶりなロース煮豚スライス。丁寧に仕込んだ感ある旨い豚ですが、若干パサッてたのが惜しい。
メンマはサクサクの食感の薄切り。味付けも上品でスープを邪魔せず、しかし単品でも楽しめる味わい。
海苔は小さめのものですが非常に香りが豊かなたぶん良いもの。ただスープに浸して着丼した時点でヘロヘロに溶けちゃうので先に食べるのがオススメですね。
カイワレと柚子皮は、ややまったり単調なスープの味わいにアクセントを与えてくれます。柚子皮はもう少し小さく切った方が香りが立つかな?小さな丸あられが数個載っているのは斑鳩のお約束ですね。

ということで、サクッといただき丼を上げごちそうさま。
限定メニューと言いつつヒネりは抑えめな分「斑鳩節」がストレートに感じられる味わいなので、誰にでもオススメできる斑鳩らしい塩ラーメンだと思いました。
ちなみにお隣の「辛旨濃厚」をチラ見すると、どうやら濃厚のスープにラー油をたっぷり張った一品のよう。それも旨そう!
次回は辛旨にしてみよう。

--

九段 斑鳩


関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅麹町駅半蔵門駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3032-31d6bb24

<< topページへこのページの先頭へ >>