FC2ブログ

つけめん(850円)@品川・玉

2018-05-18
品川でランチ。
品達各店で春の限定メニューを出しているという情報を耳にし、久々に品達
そういえば「きび」が退店したあと、川崎の雄「」がついに都内進出(系列店は数店出店しているけど本店ブランドは初)したんですよね。

GYOKU

平日14:05着。ハンパな時間ですが店内は8割ほどの入り。最近の品達はどの時間に行ってもインバウンド客で賑わってますね。
券売機で春限定を確認すると、チャーシューたっぷりの喜多方風ラーメンとのこと。
うーん、そこまで肉な気分じゃないんだよな。。では、久しぶりにのデフォつけ麺をいただきましょうか。
ちなみに券売機上半分の大きなボタンには特製系メニューしかなく、ノーマルメニューは下の小さなボタンから探さなくてはならないという、底意地の悪い客単価上げシステムが採用されております。当然ボタンを探し出しノーマルつけをポチ。
ちなみに本店にあった「インド(カレーつけ麺)」等はないですが、あちらにはないあっさり系の醤油ラーメンやスパイス系メニューである「香麺」なるメニューがラインナップ。

GYOKUGYOKU

カウンター席へ案内され着席。
厨房のやりとりを聞いていると、チャーシューが10数枚載るという「喜多方」の肉抜きを頼んでいる方がいたようで、どこの富豪かとw
そして着席後2分でつけ麺着丼。。。って、早すぎじゃね?

GYOKU

ほぉ、見た目は完全に「またおま」、つまり濃厚豚魚+極太麺というフォーマット。
具は全てベージュのつけ汁の中ですが、表面に一掴みの花鰹が散らされているのが特徴。

GYOKU

では麺を一口。
形状は極太平打麺で、加水やや低めでザックリ感のある歯ごたえ。麺味はしっかりしてます。おそらくグループの自家製麺。
ただ、提供時間から察するに見込み茹ででしょう。麺のモッチリ感やハリがないのはそのせいかも。麺量は200g程度で、つけ麺としては少なめ。

GYOKU

つけ汁は王道のまたおまと言って差し支えない濃鶏豚+煮干+節といった構成。バランスとしては節の香りが強め。
粘度はかなり高めでドロドロ。麺をスープ表面に置けるタイプw食べているうちに口の周りもペカペカになります。
おそらく煮干や節のビターな風味をマスクするためか、タレはかなり甘め。

GYOKU

味わいは、この手のつけ汁ではスタンダードですがとにかく濃いですね〜。
塩気もむちゃくちゃ強く、麺を全浸けすると味が濃すぎるので、半浸けくらいがちょうどいい感じ。

GYOKU

チャーシューはロース煮豚スライス。ちょい固めで筋ばったもの。
メンマは細くコリコリ。つけ汁の味がむちゃくちゃ濃いので、トッピングの味わいはほとんどわかりません。
つけ汁表面には、おそらく本枯節を削った花鰹。最初はいい感じに鰹の香りが漂いますが、やはりこれも濃厚なつけ汁の中に埋没してしまうとほぼ存在感なし。柚子とか清涼感アップアイテム系があるとうれしいかったかな?

GYOKU

瞬時に固形物完食、店員さんにスープ割をお願いします。
スープ割はブーメラン制。節系の割スープで割られて返ってきます。数口飲んでごちそうさま。

GYOKU

うーん、川崎の本店で食べた時はかなり感動した記憶があるのですが、此方はやや量産型感が強いというか、レベルは高いとは言え敢えて品達で食べるだけの引きは今やないかな?
方向性としては、1軒挟んで隣のTETSUとガチ被りなので、どちらに軍配が上がるかウォッチしていきたいと思います。

--




関連ランキング:つけ麺 | 品川駅北品川駅高輪台駅



関連記事
tag : 品川 品達
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3031-4229b349

<< topページへこのページの先頭へ >>