つけめん(830円)@高田馬場・渡なべ

2018-05-11
馬場で晩飯。
某店の限定を狙っていたのですが、お店に行ってみるも何の告知POPもなし。。。ということで踵を返し久ッ々の渡なべ
ハイ、ラヲタなら誰でも知っている渡辺樹庵氏のお店ですね。
最近は特にご当地ものの再現にその手腕を発揮している氏ですが、いわゆる「またおま」な豚魚つけ麺のはしりとなったこちらのつけ麺を久々に食べたくなったのです。

平日20:15到着。バーのようなスタイリッシュな店内には前客4、後客4。
行列こそできませんが常に客席が埋まっている状態。
券売機にで「つけめん」の食券を買いカウンターへ。

WATANABE

待つこと10分ほどで着丼。
まず気づくのは、つけ汁の器はアッツアツ、麺の器はキンキンに冷たいということ。
こういう当たり前のことを当たり前にできるお店だから長く続くんでしょうねぇ。
深めの丼には白い太麺。つけ汁はいかにも濃い茶濁。上にはネギ2種。

WATANABE

ではまずは麺から一口。
モギュッとした食感でコシがしっかりした極太麺は三河屋製麺製。
これぞつけ麺用の麺!という印象のはっきりした麺味を香りは申し分のないもの。麺量は240gくらいかな?

WATANABE

スープは意外に粘度が高くなく、ビターな節がガツンと効いた豚骨ベースの醤油スープ。
かなりソリッドな味わいというか、ムダを全て省いて節が主役という明快な構成で、残りの要素は派手さを出さず脇役に徹しており、なんというか、もはやわびさびを感じる潔さ。
足すのがうまいお店はたくさんありますが、引くのがうまいお店が本当に残る店なのかな、なんて。

WATANABE

ネギは白ネギと青ネギがバランスよく配置。
底にはゴロゴロとした煮豚ブロックとバラの薄切りが。どれもソツのない仕上がりです。

WATANABE

そして名物・極太メンマ!
味濃いめで柔らかめに仕上げられたメンマは、単品でおつまみにしたいやつですね。

WATANABE

固形物完食後、スープ割をお願いします。
ブーメラン式で帰ってきたスープ割は、魚介スープで割られたもの。再加熱によってさらに節が香り、シンプルに旨いなぁ。
満足でごちそうさまでした。

WATANABE

ちょいちょいブラッシュアップもしているとは思うのですが、00年代発祥のまたおま豚魚もまだまだ戦闘力あるなぁ、と感じさせる納得の一杯でした。
今年で創業16年とのことで、やはり元祖の魅力は薄れることはないようです。

--

渡なべ


関連ランキング:ラーメン | 西早稲田駅面影橋駅高田馬場駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3026-dc6f6b3b

<< topページへこのページの先頭へ >>