激辛牛すじ煮込定食(800円)@品川・路地裏

2018-05-08
品川港南エリアでランチ。
相変わらずランチ砂漠なエリアですが。。。今日はちょっとガッツリ行きたい気分だったので、久々に路地裏(店名ですw)へ。

高層ビルが立ち並び未来都市化している港南口ですが、一本裏道に入れば、人がすれ違うのも難しいような迷路的昭和の路地エリアが広がります。
おそらく、戦後のゴタゴタの時期に不法占拠されたバラックの町割りがそのまま残ったものでしょう、当然韓国料理屋と焼肉屋が密集しています。地権的にかなりアレっぽいのでデベによる開発が進まないんでしょうね。
そんな店の一つ「路地裏」さんは、メディアでもよく取り上げられる「激辛牛すじ煮込定食」が有名なお店。
居酒屋としては相当回数利用していますが、ランチタイムはかなりご無沙汰になります。

ROJIURAROJIURA

平日13:40到着。1Fは半分ほどの入り(2F席もあります)。
カウンターへ着席し、メニューをろくに見ず(後で写真は撮ったけどw)「牛すじ煮込でー」と口頭オーダー。
ホール、厨房共にスタッフは多国籍なメンツ。煮込は仕込み済みなので瞬時に着丼です。
煮込の皿の他、ご飯、スープ、サラダと漬物がサーブ。ご飯はデフォで大盛w

ROJIURA

では久々の牛すじ煮込みをパクリ。うん、安定の旨さ!
構成としては、たっぷりの牛スジを野菜と共に長時間煮込んだシンプルなもの。

ROJIURA

味付けはコチュジャン系の甘辛い味わいにたっぷりの韓国粉唐辛子、という感じかな?
韓国唐辛子なので辛さはマイルドで、いわゆるチャレンジメニューでは全くありません。むしろ甘みの方が強く感じるかも?

ROJIURA

煮汁表面はかなり厚めのオレンジ色の液体油層に覆われており、これはおそらくスジから出た脂をすくわず、そこに唐辛子が溶け込んだものでしょうね。
カロリーは相当なモンでしょうが、牛の旨味がたっぷり詰まっており滅茶苦茶ご飯が進む味わい。

ROJIURA

牛すじは大きなブロックからホロホロに崩れたものまで様々。大きい物でも箸で簡単にほぐせる柔らかさ。
圧力鍋で短時間で仕込むと食感や風味が変わっちゃいますが、これはおそらく時間をかけてコトコト煮込んでますね。ニンジン、大根、こんにゃく等も入りますが量は少なく、メンバーはほぼ牛すじですw
以前某飲食チェーンの商品開発担当の方と一緒にこれを食べたことがありますが、「安い食材だけど、ちゃんと手間と時間をかけて仕込んだ旨さがある」と絶賛していたのを思い出しました。

ROJIURA

ご飯はデフォでどんぶり飯。おそらく300g弱くらいはあるかな?小食の方は少なめにした方がいいかも(でもそうすると牛すじが余ると思うけど)。
ほぐした牛すじと汁をかけてぶっかけ飯にすると間違いない旨さ。ここに生玉子とかあればさらに最高なんだけど。

ROJIURA

サラダはキャベツの千切り主体のものにサウザンドレッシング。
たくあんは米が余った時に非常に有用ですが、煮込みがたっぷりすぎてあまり登場機会はありません。
スープはワカメ塩スープ。煮込みが結構脂っこいので、いい口直しになってくれますね。

ということで、お腹パンパンでごちそうさま。
久々に来ましたが、変わらない味わいとボリュームに満足です。
隣のリーマンが食べていた石焼牛すじ丼も旨そうだったなぁ。。。たまには煮込以外のも食べてみなくては。

--

路地裏


関連ランキング:ホルモン | 品川駅北品川駅天王洲アイル駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3022-1121c2a8

<< topページへこのページの先頭へ >>