FC2ブログ

ネギラーメン中盛(940円)@川崎大師・ラーメンショップ大師店

2018-05-06
川崎臨港エリアで晩飯。
お腹ペコペコなので、こういう時にこのあたりだと浅田まで行って「バーグ」のスタミナ生一択なんですが、今日はちょっと趣向を変えてみようかな?と大師のラーショ

平日20:00到着。前客5、後客2。
交通法規やモラル的な観点は置いといて、お店前の道路状況は昔の街道沿いラーメン屋さんの風情ビシビシ、つまり路駐天国w

RAMEN SHOP

ラーショ経験は片手で数えるほどしかありませんが、「ネギラーメン」を食べなきゃダメなことくらいはわかります。
では、店内の食券機で「ネギラーメン」の中盛をポチ。結構いい値段するのね。
厨房を囲むL字カウンター左翼奥が空いていたので座ろうとしたら、手前のグループが飲み客&チェーンスモーカーであることに気づきます。。これはいかん、とすぐにUターン→右翼の寸胴前へ。
「ここは暑いので涼しい席へどうぞ」的な貼り紙がありますが、食事中に煙草の煙吸わされるくらいなら汗だくになる方が256倍マシだわ。

食券を出ししばし待機。
仕切りのない低いカウンターなので厨房がよく見えます。注文が入ってからネギラーメンのネギを作るんですね!
店内にある麺箱には「○あ」の文字。また、書いてある電話番号は蒲田のいわゆる聖地「椿食堂管理」のもの。

RAMEN SHOP

5分ほどでで「ネギミソラーメン」と書いてある青丼で着丼。
というか、直径デカッ!でも浅い独特の丼。これがラーショ
丼にはたっぷりの淡い茶濁のスープ。表面にはそこそこ厚めの液体油層、そして細かい背脂。上には白髪ネギとチャーシューを和えたものがこんもり。麓には海苔とワカメという海藻コンビ。

RAMEN SHOP

ではスープを一口。
一口目は、家系の始祖といったゆるくて素朴な雰囲気。鶏豚をラフに炊いて、風味控えめの醤油ダレとたっぷりの化調と合わせたという、いわゆるひとつのライト系豚骨醤油です。
ただ家系に比べるとタレが弱く、また動物系も軽めで、全体的にぼんやりした風味と言えなくもない。

RAMEN SHOP

ネギラーメンのアタマは、白髪ネギとチャーシューの細切りをごま油、少量のカエシ、そして化調で和えたものかな?
コレ自体もつまみになるほど旨い、つまりそのくらいの塩気なので、全体が混ざるとグッとショッパーな味わいに。というか、スープと混ざるとしょぱすぎるね~(;´Д`)そして、かつてないほど猛烈な化調感を感じます。
口の中の後味はネギと化調でベッタリといった感じ。だがこれがラーショの魅力!

RAMEN SHOP

麺はエッジの立った細ストレート。加水は中〜低めで硬めに茹でられ、ザックリした食感をラストまで継続します。
麺自体の味わいはそれほどないですがスープの絡みは十分。また、中盛かなり麺量ありますね!300g近くあったような体感。

RAMEN SHOP

海苔は完全に焼けててやや酸化臭のするもの。おそらく確実にアレでしょうw
あと、この化調バリバリの動物系スープには無性にペトペトの柔らかワカメが合いますねぇ。B級なラーメンとワカメって最高の相性だと思います。

RAMEN SHOP

ということで、お腹いっぱいになってごちそうさま。
やや割高感はありますが、これぞラーショ!な(経験値低いのであまり語れないけど)味わいを満喫。
人を完全に選びますが、こういうの、たまに食うとたまんないですね!また来ます。

--

ラーメンショップ 大師店


関連ランキング:ラーメン | 東門前駅川崎大師駅鈴木町駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3020-6d036ea1

<< topページへこのページの先頭へ >>