FC2ブログ

つけ麺小あつもりニンニク(930円)@ラーメン二郎 新小金井店

2018-04-21
先日突如「5/27で閉店」との告知があり、世が嘆きの声に溢れた小金井二郎。
全直系二郎の中でもかなりの上位ランカー(野猿二郎店主さんの父君にしてあの「豚星。」も輩出した名門)なので、ひたすら無念としか言えないですが、「店主が厨房に立たなければならない」という直系の掟は、店主さんが高齢になるとなかなか厳しいであろうこともまた理解できます。
助手さんがいずれ独立・復活することを夢見つつ。。。閉店間際は大変なことになるのは目に見えているので食べ納めに急行。

平日20:20到着。店内満席、店内外合わせて待ち17。
同行した常連さんが猛烈に「つけのあつもり旨いから!」とリコメンドしてくるのでw、券売機でつけ麺をポチ。
回転は遅くはなく、待つこと20分ほどで着席。食券を出すタイミングで「あつもりで」とお願いします。提供前のコールタイムでは「ニンニク」で。

SHINKOGANEI JIRO

待つこと10分ほどで着丼。
おぉう。。。これは間違いなく旨い奴!
うどんのようなモチモチの麺は釜揚げ状態で、ヒタヒタの微濁のスープに浸されています。
つけ汁はラーメン丼に入っており、ヤサイとブタがたっぷり。

SHINKOGANEI JIRO

では早速麺から一口。
極太平打ちの自家製麺は、モチモチとした弾力的な歯ごたえ。噛めば口に広がるオーションの香りがたまらん!

SHINKOGANEI JIRO

そして、あつもりにすると麺がスープに浸ってくるのですが、オペレーションを見ていると、なんとこのスープは寸胴から掬った出汁!つまり、カネシとグルを加える前のベーススープですな。
飲んでみると、豚の旨味がしっかり出ており、意外にガラ感も感じるものですね。ここに白い粉とカネシが加わるとあのスープになるのかぁ。これは貴重な体験かも。

SHINKOGANEI JIRO

つけ汁は非乳化。
若干濃いめに作られており、そこにゴマ油と一味系の辛味が加えてあるのがデフォのスープと違う部分。

SHINKOGANEI JIRO

モチモチの麺をどっぷり浸けてズバババッと啜ると。。。たまらん!ニンニクを混ぜればさらに最強の味わいに。

SHINKOGANEI JIRO

ちなみにあつもりなのでつけ汁が冷めないのはいいのですが、麺が浸っているスープも同時につけ汁に入るので徐々に味が薄くなっていくのは仕方ない部分かな。しっかりした味わいを持続させたい場合はアブラカラメコールとかした方が吉かも?

SHINKOGANEI JIRO

ヤサイはモヤシ8割程度で、たっぷりのボリューム。都度茹でなのでアツアツ。つけ汁を冷ましません。
ブタは小金井らしいバラ巻豚極厚スライスが2個。ほどよい歯ごたえと臭みない肉の旨みがたまらんですな。

SHINKOGANEI JIRO

固形物完食後は、あつもりならではのお楽しみ。
麺が浸っていた二郎素スープ(↓)をつけ汁側に注ぎ、セルフスープ割で〆です。豚の味わいが増すけれど、デフォのラーメンスープともまた違った風情でうまいね!

SHINKOGANEI JIRO
麺量は300g程度かな。しっかりお腹いっぱい、大満足でごちそうさま。
閉店までにもう一度来れるかなぁ。。。「白」や「赤」も食べてみたかったorz

それにしても、新橋に続き新小金井までもが閉店ですか。
新橋はNS系なのでまだまだ。。という思いはあったけど、直系店が店を畳むというのはかなりショックが大きいですね。
最初に書いた通り「営業中は店主が厨房に立ち続けなければならない」という直系の掟は、今後高齢化が進む二郎各店店主にとって厳しい条件になってくるのかもしれないですね~。
ファンとしては、松戸二郎や新新代田二郎のように、うまく代替わりしていって残って欲しいところですね。

ラーメン二郎 新小金井街道店


関連ランキング:ラーメン | 武蔵小金井駅国分寺駅一橋学園駅


関連記事
コメント:
えっ!閉店ですか!
非常に残念でなりません。

過去二度ほどお邪魔しましたが
直系の中でも圧巻の部類ですよね

つけ麺未食につき、なんとかチャンス作りたいです。

幸いにして?今年度、立川&国立の商用がスタートしたので、
途中下車して狙いたいっす。
[2018/04/25 13:06] | Y! #- | [edit]
>Yさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうなんですよ、直系二郎の中でも5本の指くらいには入る好みのお店だっただけに残念です(T_T)
閉店が告知されてから、昼夜問わず大行列みたいなので、行かれる際は覚悟の上で!!
[2018/04/26 22:19] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/3012-c581af8e

<< topページへこのページの先頭へ >>