FC2ブログ

中華そば(830円)+和え玉小(100円)@恵比寿・おおぜき中華そば店

2018-04-08
恵比寿で遅めのランチ。
となると選択肢はほぼ一択!恵比寿神社の参道沿いの名店「おおぜき」さんへ。

平日14:20到着。前客5、後客続々。
こちらで修行し独立した大門「いづる」が早くも行列店に成長していますが、師匠であるこちらのお店も安定した客入りですな。
かなり間を空けた訪問だったので、久々にデフォの旨さを再確認すべく「中華そば」をポチし着席。

OZEKI

待つこと5分で着丼。
あぁ、久々のおおぜきの中華そば!
細身の白丼には若干窮屈なくらい具が載せられており麺が見えませんw
チャーシュー2種、青菜、ナルトに海苔、メンマ、ネギ、そしてAZS味玉。

OZEKI

では早速スープを一口。
・・・久々に食べましたが、やっぱりスープがむちゃくちゃ好みです。
ベースは鶏、豚清湯のベーシックなものなのですが、個人的には「タレのおおぜき」と言いたい!
大関店主しかレシピを知らないというカエシは、濃く深い醤油の味わいだけでなく、節、煮干、貝、あとおそらく烏賊煮干等、様々な乾物を絶妙の割合でブレンドした旨味の塊。特に、貝類や烏賊煮干の渋みやクセが後味をビシッと引き締めるんですよね。無化調なのに旨み層がハンパ無く分厚く、これは抜群に旨い。
丼の形状的に、スープ量はかなり少なめ。まぁ、原価率相当高いからねぇ。。。

OZEKI

麺はキレのあるスープをしっかり引き上げ、パツパツとした小気味良い歯ざわりが特徴的な低加水の細麺です。
大栄食品製で、麺量は130g。サクッと食べられる量ですが、此方は後述の「和え玉」を楽しむべきなのでこれで十分。

OZEKI

チャーシューは豚ロースと鶏モモ。
どちらも最近流行りの低温調理に敢えてせず、しっかりした食感と味わいを楽しめます。最近低温調理チャーシューに飽きてきたこともあり、やっぱオーソドックスなのはいいよねぇ。
青菜はレンソウ。ちょいデロっとしたものですが、彩りと仄かな苦味がいい感じ。
メンマはシャクシャクの穂先が2本。海苔とナルトはこのお店の特徴とも言える配置ですよね。

OZEKI

AZS味玉は、トロトロの黄身に生姜醤油の味が染み込んだ独特のもの。この味わいは他のお店で食べたことがないオリジナリティを感じます。
さて固形物完食後、100円玉をカウンターへ出して「和え玉の小お願いします!」

OZEKI

茹でた半玉の麺にタレ、油、煮干粉、チャーシューの歯切れ、ネギを載せた和え玉は、そのまま混ぜて食べてもよし、残ったスープでつけ麺のようにして食べてもよし、とオールマイティな楽しみ方ができます。
にしても、このレシピではさらにタレの旨さが引き立ちますねぇ!

OZEKI

また、和え玉を提供するお店がたいてい200円くらいのプライシングなのに対し、こちらは(小:半玉なら)100円!1玉でも150円という財布に優しいのもうれしいところ。
バクバクと一瞬で食べきりごちそうさま。

いやぁ、久々にデフォの中華を食べましたが、最後の一口まで「うめぇ〜!」が止まらないクオリティがしっかり保たれていて安心しました。次回は煮干だな。またお世話になります!

--

おおぜき中華そば店


関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2992-b3a3ed16

<< topページへこのページの先頭へ >>