FC2ブログ

もりうどん(400円)@池袋・かるかや

2018-04-05
池袋でおやつ。
暖かくなってくると無性に食べたくなるあのお店、そう、西武百貨店屋上の天空のうどん屋「かるかや」さんへ久々の再訪です。

平日14:50到着。
数年前のリニューアルで屋上庭園がだいぶキレイになり、居心地よくなりましたよね~。
全体の仕組みとしてはフードコートで、数店舗ある飲食店から好みのものを買ってきて共通の客席で食べる感じ。
ではテーブル席を確保し、かるかやさんへ。この時間でも数人待ちがありますが、見込みでがんがん茹でて提供してくれるので行列ストレスはほとんどありません。

KARUKAYA

さて、今日はシンプルに「もりうどん」で。
茹で置きのうどんをサッと冷水にさらしたらすぐに完成。代金と引き換えに受け取り、セルフ着丼。

KARUKAYA

こちら、一応讃岐うどんを謳っているのですが、極太で表面が反り返ったワイルドな形状の自家製麺は「武蔵野」的な風情。
つけ汁に浸けずにいただくと、ムチゴワのコシと弾力を併せ持つ食感。塩が結構しっかり効かせてあるのが特徴的です。麺量は茹で後180g程度で少なめ。

KARUKAYA

つけ汁はかなり醤油感が強く、魚介出汁は控えめ。
この汁「つけうどん(もりうどんのつけ汁に生玉子と揚げ玉が入る)」の汁と共通なのですが、相方のつけうどんを味見させてもらうと。。なるほど、揚げ玉のコクを足す前提みたいな感じで、ストレートな醤油汁的な雰囲気なんですね。
うーん、これだけだと味的にちと平坦で麺に負けちゃいますね。。。50円足して「つけうどん」にすれば生玉子と揚げ玉が入るので、よほどうどんの素の味が楽しみたい方でない限り、つけの方がオススメかな?

KARUKAYA

ということで、サクッといただきセルフ下膳でごちそうさまでした。
こちらの屋上庭園、当然持ち込みも自由なので、頻繁に開催している催事のテイクアウトメニューとこちらのうどん、とかの合わせ技で楽しむのもよさげ。
これからの季節、オープンエアな空間での食事はますます気持ち良いものになりそうですな。

あ、そうそう、こちらのうどんは、B1の店舗でお持ち帰り用の生麺を買うこともできます。
100gあたり100円と比較的リーズナブルで手打ちの生麺が購入できるので、こちらもオススメ。

--

かるかや


関連ランキング:うどん | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2988-0dbfa277

<< topページへこのページの先頭へ >>