FC2ブログ

ラーメン・ニンニク(700円)@虎ノ門・ラーメン二郎 新橋店

2018-04-02
愛宕近辺で晩飯。
お腹も空いてるので、久々に新橋二郎へ(現在営業は昼の部のみ)。

SINBACHI JIRO

平日20:10到着。カウンター空き4。此方は夜来るといつも空いていて助かります!
食券を買う時点で厨房のお兄さんに「麺の量だけ教えてくださーい」と言われ「小で!」と申告し着席。レンゲが水を汲むところにあるのは「夢語」系と同じ。
麺は大釜&平ザルではなく1食ずつテボで茹でています。これは品川と同じですね。

数分で「小の方トッピングは?」とコールタイム。ニンニクでお願いします。スピーディーに着丼。
うん、多くもなく少なくもなく、ちょうどいいボリューム感ですな。

SINBACHI JIRO

ではスープを一口。
今日は微乳化でシャバ系の口当たり。表面には細かな背脂少々。

SINBACHI JIRO

豚出汁感もしっかりありますが、どちらかというと出汁より甘じょっぱいカエシがグンと前に出るショッパーなタイプですね。化調の旨味押し上げもしっかり。
二郎のスープとしてはまずまずバランスが取れており、結構好みです。これはアブラ増してもよかったかも。

SINBACHI JIRO

麺は、エッジがはっきり立った平打形状の太麺。加水は低めでゴワゴワとした歯ごたえ。
昔のうどんみたいな太さに比べ細身になった気はするけど、同系列の歌舞伎町とはやっぱり違いますね。同じNS系とは言え店舗ごとの自家製麺なので、やはり店ごとの個性が出るんでしょう。
直系に多いデロ系のムッチリ麺とは方向性は逆で、結構顎が疲れる硬さです。でもこれはこれで好きだなぁ。麺量は300g程度。

SINBACHI JIRO

ヤサイはトング1掴み。キャベツは3割ほどかな?アツアツでシャキッとした食感がいいですね。
ニンニクはたっぷり。当然中国製だと思うんですが、ビリビリに辛いですねぇ。。。直で食べるというよりは、スープに風味を溶けこませるような使い方をした方がいいかも。いずれにせよ、このスープとは最強の相性。

SINBACHI JIRO

ブタはヤサイの下に隠されており、ガチガチパサパサ、出し殻系の腕煮豚が2個。
噛みちぎる系の食感で旨味も抜けており正直イマイチ。

SINBACHI JIRO

厚みは5~6mmくらい。ブタというよりは厚切りチャーシューですね。
まぁ、これより厚かったら固くてかなり食べにくいとは思うんでOK。

SINBACHI JIRO

ということで、サクッと固形物完食でごちそうさま。
麺とスープについては、直系というよりは若干インスパ系に寄ってる感がありますがこれはこれで結構好きかな?
なにより、明るく広い店内、礼儀正しい店員さん、そして夜はほぼ待ちなしというストレスフリーな環境がここの魅力だと思います。あと、個人的には自宅からアクセスしやすい(車で来ても白枠が多い)のもポイントなんだよなぁ。

・・・しかしながらこの新橋二郎、4/21麺切れを持って閉店とのことです(゚д゚)
理由は「人員不足」とのことで、売上低下とか建物立ち退きとかじゃないのはとても悔しいですね。。。立川二郎が復活して祝モードだったのにorz直系二郎と言っても不死身なわけではないことがよくわかります。
閉店前にもう一度くらい来たいけど、今後葬式需要で混み始めるんだろうなぁ。。

--

ラーメン二郎 新橋店


関連ランキング:ラーメン | 虎ノ門駅御成門駅神谷町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2984-46548782

<< topページへこのページの先頭へ >>