FC2ブログ

スタミナ担々冷そば(850円)@麹町・そばうさ

2018-03-30
半蔵門にてランチ。
暖かくなってきたし、そろそろ冷たいそばをガッツリな気分だったので、港屋インスパイアとして頭一つ抜きん出た創作性を持つ実力店「そばうさ」さんへ再訪。
オープンして3年ほどになりますが、ここ最近は外待ちであきらめることも多い人気店に育ちました。

SOBAUSA

平日13:40到着。店内ほぼ満席(椅子はないんだけど)。待ち客もいなかったのでスルッと店内へ。
季節限定メニューとして登場したのちレギュラー化された「スタミナ担々そば」の冷やしをポチし厨房へ提出。
カウンターにスペースを確保。5分ほどで番号で呼ばれるのでセルフ着丼です。

SOBAUSA

うーむ、相変わらず薄暗い店内と、インスタ映えとは程遠い地味な色合いで、写真が非常に撮りにくいですな〜(;´Д`)

SOBAUSA

そばの上には、麺が全く見えないくらい、これでもかと載せられた白ゴマと刻み海苔。
つけ汁はフワフワとごまペーストが浮かぶ担々仕様です。デフォルトで生玉子が1個付きます。

SOBAUSA

では早速そばを一口。
ゴワッとしつつムッチリ弾力のある麺はタピオカ入りとのこと。
蕎麦っぽいかというとちょっと違うし、蕎麦の香りはまるでないので、間違ってもガチの蕎麦好きが食べるべきものではありません。
しかしこの太さと歯ごたえこそが港屋系の醍醐味。食べごたえあっていいですね!
麺量はかなり多めで、茹で後400g程度。

SOBAUSA

お汁は、甘みの強い蕎麦用の辛汁をベースに、芝麻醤と辣油を溶いたものですかね。
また、スタミナ冷し用の汁に投入される牛ミンチをニンニク、唐辛子等で甘辛く炒めたものも入っており、味に深みを与えています。
また、器の底には、刻んだ野沢菜かな?が沈んでおり、たまに口に入るとポリポリといい食感のアクセント。こういう細かい演出にセンスが光るんですよねぇ。

SOBAUSA

ちなみに、以前限定として出ていた時は粉チーズが振ってあり、別皿でレモンが供された気がするんですが、量産化にあたり外されたようです。チーズ値段上がってるしね。
全体的に胡麻感は強めですが、辛味は控えめなので、卓上の辛味ペーストを入れて辛さをアップさせましょう。

SOBAUSA

途中から麺側に玉子をシュート。麺に絡めつつつけ汁に浸していただきましょう。うん、コクアップでいい感じ。
ちなみに港屋系のお店では、汁側に玉子を入れるのが推奨されることが多いですが、個人的にはそれをやるとつけ汁の味が白身で薄まっちゃうのであまり好きじゃないんですよね。

SOBAUSA

固形物完食後は、卓上の蕎麦湯ポットでセルフ蕎麦湯割。
やっぱり、温かいとブワッと胡麻の旨味と香りが立って旨いね!
ということで、サクッといただきごちそうさま。

既に麹町~半蔵門エリアでは盤石の人気を得ており、非常に安定感のある仕上がりに満足。
限定からレギュラー化にあたり、若干デチューンされちゃったのが残念だけど、これでも十分満足度は高かったですね。
あと、レギュラーメニューは一通り食べてしまっているので、そろそろ常連向けの変化球メニューなんかも出してもらえるとうれしいかな?
またちょくちょく利用させてもらいます。

--

そばうさ


関連ランキング:立ち食いそば | 半蔵門駅麹町駅永田町駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2979-c43c5868

<< topページへこのページの先頭へ >>