ねぎ汁なし・ニンニク(840円)@中山・ラーメン二郎 中山駅前店

2018-03-28
仕事が立てこみ朝昼抜きでハラペコペコの夕方、横浜方面で晩飯。
早めの時間で余裕があったこともあり、こりゃ久々に神奈川エリアの二郎を攻めますか。
ということで、横浜線に乗り込み向かうは中山
関内や川崎はいつでも行けますが、こういうモチベーションの時じゃないとなかなか来れないエリア優先です。

気合入れすぎてちょっと早めに着いてしまい、17:20お店前到着。さすがに開店40分前だと誰もいないっすね。。。
ポールポジションはちょっと恥ずかしいのでw、その辺りをブラブラしつつ17:35再到着、シャッター4。
うん、このくらいならちょうどいいかな?と行列に接続。後客続々で、開店時には20人ほどに。
18:00、シャッターが開く前に助手さんが麺の大きさを聞きに来てくれます。では「小」で。
さらに助手さん「汁なしの方いますか?」と関内二郎のような確認が。
・・・え?汁なし?
確か中山二郎の汁なしは夏限定だったはずですが。。とりあえずそりゃ乗るしかないでしょ!と挙手w

NAKAYAMA JIRO

まもなくシャッターが開き、小と「ねぎ汁なし」の食券を買って奥から順番に座ります。
すぐに店内は満席に。背後霊スペースも満員です。

先に麺を茹で始めてくれるので、まもなく先頭からコール・・と思いきや、あ、ラーメンのお客さんからコールなんですね。
一瞬自分がどのタイミング呼ばれるのかわからなくなり「ニンニクお入れしますか?」と手を差し出されたタイミングでテンパってしまい「あ、あぁっ、お願いしますっ!」と言ってしまった。。何素人みたいなことやってんのよ俺w「ヤサイニンニクアブラ!」と切れ味鋭くコールするつもりだったのに(ToT)

NAKAYAMA JIRO

すぐに着丼。
今日の腹具合にしてはかなり控えめの盛りですな。
麺はあつもりでヒタヒタのタレに浸かっており、その上にはクタッとした青い部分の多いネギと、ヤサイ、豚、ニンニク、フライドオニオン。

NAKAYAMA JIRO

ヤサイが少ないので、すぐに麺を引き出せます。では麺を一口。
中山二郎の中でも細身の麺。ムニッとした柔めの食感が直系二郎らしくていい感じ!

NAKAYAMA JIRO

そこに絡むタレは、デフォでもかなり攻撃的な塩辛さで、そこに液体アブラとたっぷりの黒胡椒、といった組み合わせ。
とにかくカネシの塩辛さが半端なく、卒倒する程しょっぺー!!塩気強すぎで、豚や麺の味を味わう感じではないですね。
ジャンクで面白いけど、これはヤサイとアブラを増して全体を中和しつつ、生玉子(50円)を投入するのがたぶんベストなバランスだと思います。。。が、後の祭り。

NAKAYAMA JIRO

味わいとしては、前述の通りタレの全面的先行型なのですが、ネギの辛味が効いており、関内の汁なしとかとはちょっと違いさっぱり感あるのが面白いところ。
また、フライドオニオンの香ばしさは鉄板。ヤサイはほぼモヤシ。ニンニクはかなり辛めですね。

NAKAYAMA JIRO

豚は腕肉の煮豚で、天地返しているうちにホロホロに崩れちゃうほど柔らかいもの。臭みもなくいい感じですね。

NAKAYAMA JIRO

天地返ししつつ、全体を撹拌しながら食べ進みますが、終始タレの強さが。。。
パンチが効いてるっちゃ効いてるんだけど、ちと食べ疲れする味わいだったかな。

NAKAYAMA JIRO

麺量は300弱くらいかな?朝昼抜きで二郎モードの腹には全然足りない量で、サクッといただき丼を上げてごちそうさまでした。

うーん、今回は完全に自分のコールミスですね(;´Д`)
メニュー自体のポテンシャルはあるのですが、バランス的には「全マシ以上前提」の味に感じました。
そういえば、中山二郎でまだデフォのラーメンを食べたことないんですよね(前回はつけ麺)。次回こそラーメンにしよう。。。

--

ラーメン二郎 中山駅前店


関連ランキング:ラーメン | 中山駅


関連記事
tag : 中山 二郎
コメント:
タム6000さん こんにちは!
中山へようこそ!
この時期ですが「汁なし」があるんですね〜
コレは食べたいですね〜
[2018/04/06 15:01] | ヨコベー #- | [edit]
>ヨコベーさん

こんばんは&コメありがとうございます!

そうなんですよ、中山の汁なしって夏限定って聞いてたんでびっくり。
パンチ強すぎ感はありましたが、なかなか旨い汁なしでした!
[2018/04/09 22:22] | タム6000 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2978-72f917cd

<< topページへこのページの先頭へ >>