FC2ブログ

肉汁うどん・大盛(420円)@桶川・安藤製麺

2018-03-27
今日は1日、鴻巣近辺でサバ活。
と、その前にしっかし腹ごしらえ。朝ごはんを食べておきましょう。
ということで、朝からやっているうどん屋さんへ立ち寄り。

休日9:00到着。
完璧に「コンビニを改装しましたよね!」という無機質な店内には、長テーブルが多数。
前客数名。後客もぼちぼち。家族連れや仕事前のガテン等、客層は様々ですね。

ANDO SEIMEN

さて、壁のメニューを確認。
かけ、つけ、しょうゆうどんという讃岐的なラインナップに加え変化球でカレー、さらに肉汁うどん、なすときのこのつけ汁うどんという武蔵野系的なメニューも。
やはり埼玉に来たら武蔵野うどんかな!と肉汁うどんを大盛でオーダー。
麺はある程度見込みで茹で置きのようで、数分で呼び出しがかかりセルフ着丼。

ANDO SEIMEN

おぉう。。。なんか地味w
うどんは極太でエッジの立ったもの。太さは均一なので機械打ちの機械切りでしょうか。
肉汁は色濃い目の醤油汁の中に肉と青ネギ。

ANDO SEIMEN

ではうどんを一口。
武蔵野や吉田っぽい、ゴツッとした固めの食感。茹で置いてそこそこ時間が経っているようで、みずみずしさ、伸び、弾力等はイマイチ。
この手のうどんにしては塩気はあまりなく、麺自身の小麦の風味も控えめ。うーん、全体的に「表情がない」麺という印象ですね。
大は茹で後400g、並は200なので倍量です。特は600とのこと。

ANDO SEIMEN

肉汁は、ガツンと甘じょっぱい濃いのを期待していましたが、以外にさっぱりな醤油汁。
出汁感控えめで、肉の脂もいまいち染みだしておらず、結構淡白な味わい。うーん、ワイルドなうどんとの絡みもイマイチで、麺に完全に負けちゃってますね。。。

ANDO SEIMEN

肉はバラ肉が数枚。
ちょいパサですが厚みがありまずまずおいしい。

ANDO SEIMEN

ということで、サクッといただきごちそうさま。
うーん、悪くはないんだけど、全体的なバランス感がイマイチ好みから外れたかな?
たぶん、ガンガン回転してるピーク時に来ると印象が変わるのかもしれません。うどんは生き物なので。

--

安藤製麺



関連ランキング:うどん | 内宿駅桶川駅北本駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2977-2aa41bc5

<< topページへこのページの先頭へ >>