博多ラーメン・バリカタ+チャーハンセット(750円)@青物横丁・長浜や

2018-03-14
青物横丁で遅めのランチタイム。
どうにも腹が減って半チャンな気分だったので、以前深夜に飲みの〆で押しかけそこそこいい印象だった臭い系豚骨「長浜や」さんへ再訪問。
ちなみに臭い系豚骨ラーメンの店に行く時は、必ず「くっせぇラーメン、食わせてくれよぅ~」というシソンヌのネタが脳内再生されますw

平日15:20到着。前客0、後客1。
券売機でチャーハンセットをポチ。半チャン750円ってかなり良心的ですね!

NAGAHAMAYA

厨房は西アジア風な異国情緒溢れるスタッフさんのワンオペ。
食券を出すタイミングで「カタサノオコノミハ?」ではバリでお願いします。店内には中西製麺の麺箱。

NAGAHAMAYA

おっ、時間帯にもよるのかもしれないですが、チャーハンは都度鍋を振ってくれるんですな。待つこと5分ほどで同時に着丼。
ほぉ、スープは真っ白の白濁。上には透明なラードの膜が。上にはチャーシュー、青ネギ、海苔。

NAGAHAMAYA

ではスープを一口。
シャバッとしたスープは、そこそこクッサーなタイプ。
納豆のような独特の香りと、麺を啜り上げた時に鼻に抜けるアンモニア臭が豚骨食ってるなぁ、という気分になりますね(臭くない豚骨も好きだけど、臭い豚骨も好きです)。これ、セントラルのスープに、お店で背ガラゲンコツを追い焚きしてるのかな?
ただ、その匂いの割に旨味もカエシも一歩引いた位置におり、かつ化調の甘みがまったり効いているので、なんとなく全体がぼんやりした味わい。
もうちょっとキリッとさせたかったので、卓上のカエシをちょっとだけ追加。うーん、でもこのコンディションだとどういじってもイマイチかな。。
以前、深夜に飲みの〆の食べた時はもっと匂いがキツく味も濃くてクサウマ〜ッ!って気分がアガった記憶があるけど、あれはアルコールによる底上げ効果だったのかもw

NAGAHAMAYA

麺はかなりビーフンみたいな細めのストレートで、ザクザクとした硬い食感。粉の風味はほとんど感じず。
麺量はおそらく100gちょい程度ですがチャーハンがあるので全く問題なし。

チャーシューは、スーパーでパウチで売ってるのに似た甘い味付けのムッチリロース煮豚スライスが2枚。この甘さはこのスープには合わないかな。。海苔は香りイマイチなタイプ。
途中から卓上紅生姜でアクセントを付けつつ食べ進みます。

NAGAHAMAYA

また、卓上の辛子高菜がべらぼうに赤唐辛子をぶっこんであるやつで、トング軽く一掴み入れたらもう、スープが辛さ一色になっちゃいますね(;´Д`)面白いけど、高菜の旨みや風味を楽しむにはちと辛すぎるかな?

NAGAHAMAYA

チャーハンは「半チャーハン」ではなくしっかりフルサイズってのがうれしいですね。
米はかなり水分少なめの炊き上がりで固め。使う油の量も多くはなく、全体的にガビガビ系のバリカタな食感が特徴的。ベチャ系に寄せるよりはいいけど、もうちょっとしっとりしてる方が好きかな?

NAGAHAMAYA

味付けは醤油と強めの胡椒。ラーメンに比べ化調感はあまり感じず、すごく素朴な味付け。
具は少量の玉子、チャーシューのカス、そして青ネギ。主に米を食わせるチャーハンって感じですかね。
量はしっかり茶碗2杯分、300g近くはあったかな?

ということで、サクッといただきごちそうさま。
まぁ、味はともかく、このセットで750円なら満腹指数的なC/Pは十分かと。
ただ此処は、飲みの〆的な利用が一番そのキャラクターに合っているような気がしないでもないです。

--

長浜や 青物横丁店


関連ランキング:ラーメン | 青物横丁駅品川シーサイド駅鮫洲駅


関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2963-c318e66f

<< topページへこのページの先頭へ >>