カツカレー(850円)@大森・花蔵

2018-03-06
大森でランチ。
気分はカツカレー。鉄もいいけど、この時間だと終わってるね。。。
そういえば、最近リニューアルした西友5Fの飲食店街フロアにとんかつ屋があったはずだ、と検索。
おっビンゴ!ということで、そちらに行ってみましょう。

HANAKURA

店前のサンプルを見ると、カツ丼はとじないタイプなんですね。それも気になるけど。。カツ丼は次回だ。
平日14:20到着。前客2、後客1。
テーブル席へ案内され、カツカレーをお願いします。

HANAKURA

店内はかなり広く、和食ファミレス的な雰囲気。オールタイム喫煙可のようですが、客がほとんどいないので問題なし。
また、もし吸われたとしても、広いし吹き抜け構造なので意外に煙はこもらないでしょうね。

HANAKURA

カツは都度揚げのようで、待つこと10分ほどで着皿。
ほぉ、まさかの角皿ですか!
おそらく単品のカツを供するための角皿でしょうが、そこにライスとカツを載せカレーをかけちゃったタイプ。
キャベツは別皿でこんもり。汁物は豚汁ではなく味噌汁ですね。

HANAKURA

では早速カレーから。
ルーはぽってりした粘度で、冷めるとラードで表面が固くなってくる感じ。
味わいは社食/学食的な甘口でスパイシー感はなく、ザッツ日本のかあさんカレーといった趣。具は溶けてほぼないです。一瞬レトルトか?と思ったのですがおそらく手作りでしょう。

ライスはかなりのボリュームで、400g弱はあった感?
ルーの量とのバランスはまずまずで、ご飯が余ってしまうことはありません。炊き方もバッチリ。さすがとんかつ屋さん、白飯の大事さがわかってますね!

HANAKURA

カツは揚げたてで熱々。薄めで100gちょいくらいかな?
端に脂身があるロース肉で、肉質はそれほどいいものではないですが、カツカレーのカツはそこまで旨くなくてよい、というのが持論なので(本当に旨いカツにはカレーかけるのがもったいないw)このくらいがちょうどいい感じです。
臭みなく、変な固さもないので食べやすいですね。衣と肉が分離しないのもポイント高め。

HANAKURA

また、この手のカツカレーだとワンプレートでキャベツまで乗ってきちゃうお店も多いですが、キャベツはキャベツでサラダボウルいっぱいに入ってくるのがいい感じ。ちなみにこれと味噌汁はお替わり自由(のはず)。
味噌汁はしじみの味噌汁ですが、ほとんどしじみの風味はせず、何故か豚汁っぽい風味。鍋には豚肉の端切れを入れてるけど、今回は入ってないっぽい。

ということで、満足でごちそうさま。
ボリュームも味も文句なし、変に気取らず庶民派なナイスカツカレーでした。次回はカツ丼かな?
それにしてもこのフロア、これまでノーマークでしたが、意外に面白そうなお店たくさんありますね~。大森で飯に困ったらここに来ると幸せになれるかもしれません。

--

花蔵


関連ランキング:とんかつ | 大森駅大森海岸駅



関連記事
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tam6000.blog.fc2.com/tb.php/2952-14cc7770

<< topページへこのページの先頭へ >>